Active 4

[0046] 圧倒的なスペック!!iphone 5S 発表(チョッと追記)

約 5 分

とうとう発表の日がやって来ました。

予想通りスペックアップのiphone5S でした。

発売日は9月20日なのでもうすぐこの手にできます。

今回の5Sのカラーバリエーションは予想通りゴールド・シルバー・スペースグレイになりましたね。

1.iPhone5s 先を行くのは美しいこと

待望のゴールドが追加されましたが、落ちついた大人のゴールドという感じで良いですね~

leonは今まで、ホワイトで選んできたので、ゴールドにするかシルバーにするか悩ましいところです。

本物を見るのは発売日以降になってしまうので、それまでappleのHPを見て、どちらにするか寸前まで

モンモンしながら考えることにします。

2.1.iPhone5s  進み続ける

時間の経過と共にマスコミ関係者などが実機を触った人もいるのでネットでも段々と正確な情報が出てきたので、5Sについてまとめたいと思います。

iPhone5S 主な変更点

【変わらなかった部分】

  1. 現行の5とほぼ変わらないデザイン
  2. 廉価版の5Cと現行機の5の性能は同等

【主な変更点 6点】

  1. 現行の『A6』チップから64Bitアーキテクチャ搭載の『A7』チップへ変更
  2. ジャイロスコープやコンパス機能を担う『M7』プロセッサーの追加
  3. ホームボタンに追加された指紋センサー
  4. 色の違う2つのLEDを使用することによってより自然な撮影ができる「True Toneフラッシュ」
  5. CMOSセンサーを15%アップすることによりより明るく撮影できるようになったレンズ
  6. 撮影ボタンを長押しすることによる999枚の連続撮影ができる『バースト』機能の追加
  7.  

では、以降で各項目ごとに詳しく見ていきましょう。

3.iPhone5s A7チップ

  1. 現行の『A6』チップから64Bitアーキテクチャ搭載の『A7』チップへ変更
  2. 5Sに搭載されたチップはスマホでは世界で始めとなるA7チップです。
    何がスゴイかというと従来のA6チップに比べて2倍の処理速度を誇ります。

    大幅に処理能力が増大しバッテリー効率にも恩恵が与えられる。またカメラの
    オートフォーカス機能も2倍早くなります。

    Appleが新製品の性能をアピールする時のうたい文句で2倍というフレーズを良く
    耳にしますが、経験上、使ってみると本当に早いです。

    決して誇大広告なんかではないことがわかります。

  3. ジャイロスコープやコンパス機能を担う『M7』プロセッサーの追加
  4. 『M7』プロフェッサーはジャイロスコープ、コンパス、加速センサーなど動的な動きに対して発揮され、持ち主が歩いているか、何処を向いているか等の監視を行う。

    机に置いている状態の時には必要の無い機能を停止してバッテリーの消耗を防いでくれる。

    4.iPhone5s  指紋センサー

  5. ホームボタンに追加された指紋センサー
  6. 今回の、目玉の一つは指紋認証機能が追加されたことです。しかもホームボタンに周りにあるリングがセンサーらしいのですが、従来の四角い指紋センサーと違い見た感じ全然わかりませんね。

    指紋センサー「TouchID」はりロック解除だけではなくApple IDの決済にも対応しているらしい。

    iPhoneの使い始めやアプリのインストール時のワズラワしいパスワード入力を今後はしなくて済みそうです。

    今までは、iPhoneを使用する認証を持ち主が操作しなくてはならなかったのが、これからはiphone側が使う主を覚えてくれるで便利だし、自分のiPhoneへの愛着もアップしますね。

  7. 色の違う2つのLEDを使用することによってより自然な撮影ができる「True Toneフラッシュ」
  8. 2基のLEDが被写体の色温度に合わせて発光する「True Toneフラッシュ」は2色のLEDを使用して発光時により自然な色合いになるように調整してくれるという優れもの。

    確かに写真を見るとフラッシュがさりげなく2個ついています。

  9. CMOSセンサーを15%アップすることによりより明るく撮影できるようになったレンズ
  10. センサーは8Mピクセルの裏面照射型CMOSで画素数も従来の通りですが
    受光素子を大きくしてより多くの光を取り込めるようになりました。

    またあの小さいレンズは5枚構成になっていてF値が2.2と明るくなっている。

    スペックを言ってもよくわからないけど要は、暗い場所での撮影でも従来よりも光を
    多く取り込めるレンズなので明るく撮影ができるということです。

  11. 撮影ボタンを長押しすることによる999枚の連続撮影ができる『バースト』機能
  12. 『バースト』機能て連射撮影をして何をするのか不思議に思ったのですが、連続撮影した中から
    手ぶれをしていない、人が目をつぶってしまっていない等、ダメな写真の中から一番、上手く
    撮影できている写真を自動でセレクトしてるれる機能らしい。

    私もiPhoneの画面で撮影して持ち帰り後でMACの大画面で写真を確認してガッカリする
    ことがあります。

    この機能があれば、そんなガッカリが減るかもしれませんね。

    leonはこう思った。今回のiPhoneは5Sは買いです!!

    さて、盛りだくさんのパワーアップを遂げたiPhone5Sはleon的には買いです。

    ただし、5を持っている人は5Cの購入はオススメできません。
    デザインが違うだけで性能、機能面においてほぼ同等ですので購入する意味は
    無いと考えます。

    やるなら『5S』ですよ!! お客さん。

    『合わせて読みたい参考リンク』

    045 ついに来た! iPhone 5s? Apple 9月10日の発表会

関連コンテンツ

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK