Active 4

[0152] MR2復活計画『その25』車検目前の点検!! タイロッドエンドとボールジョイントの交換

約 8 分

タイロッドエンドのブーツからグリス漏れ…

06 MR2 ジョイントボール ブーツ グリス漏れ

みなさんこんにちは、leon です。とうとう車検目前の最後の部品交換になります。

第142回の記事で紹介した[0142] MR2復活計画『その15』8年放置した足回りと車体の下回りをチェックでも触れましたがタイロッドエンドのゴムブーツからグリスが漏れてロッドの先から根元までが黒くなっています。

ちなみに写真にはありませんがロアアームとハブナックルを接続するボールジョイントのブーツからもグリス漏れが発見されました(´Д`)ノ

ゴムブーツが破けていたりグリスが漏れているのが発見された場合は当然、車検には通りませんので、こちらの交換をします。

タイロッドエンドを外すには特殊な工具が必要ですし、ここまで部品交換するとアライメントが大幅に狂ってしまいます。

本来であれば自分で作業したいところですが、この作業も前回タイミングベルト交換を依頼した整備士さんにお願いしました。

作業後に整備士さんから伺った話ではボルトと穴の位置が合わするのにかなり大変だったらしく交換作業はかなり苦労したそうです。

不本意ですが今回も部品の品番と価格について、そして交換後の状態について書いていこうと思います。

タイロッドエンドの品番と割りピン・ナット

こちらが タイロッドエンドです。左側に妙な形をしたナットとヘヤピンのような物があるのが判るでしょうか?

¥4,490 タイロッドエンド左側 品番=『45047-19075』
¥4,490 タイロッドエンド右側 品番=『45046-19195』

実はこれは繰り返されるハンドル操作や路面から伝わる振動などでも絶対に緩まないように工夫がされたナットなんです。

こちらはタイロッドエンドの拡大画像ですが、ねじ切り部分に穴が空いています。

この部分に全ての面に切り込みを入れられたナットを締め込んでいくとこのような形になります。

この穴にピンを差し込み、余った部分は折り曲げてしまえばでナットは締まりも緩みもしない状態になります。

ピンが経年劣化で折れて外れるまではナットが緩む事はないでしょう。

ちなみに20年経過した割りピンは触るとボロっと折れてしまいました。どのくらいの期間で折れてしまうかは何年後かに機会があれば書かせていもらいます。

タイロッドエンド交換後

上の画像はタイロッドエンド交換後の写真です。前項で説明したように割りピンが上下に折り曲げられているのが判るでしょうか?

こちらは横から見た画像です。古いゴムブーツはグリス漏れしてペシャンコに潰れていましたが、交換後はブーツがふっくらとしています。

タイロッドエンド単位ではなくゴムブーツのみでの交換もできたのですが、サビも酷かったので今回はユニット交換してみました。

タイロッドエンドのついでにテンションロッドも交換

今回、タイロッドエンドとロアアーム下にあるボールジョイントの交換ついでにテンションロッドも交換しました。

¥5,500 テンションロッド右 品番=『48660-17040』
¥5,500 テンションロッド左 品番=『48670-17040』

ボールジョイントの品番と割りピン・ナット

写真の左側がフロントのジョイントボールとボルトで右側がリアのボールジョイントとボルトになります。

リアエンジンで後ろ側が重いせいかリアのボールジョイントの方がブーツに厚みがありグリスがより入っていそうです。

以前にスタビリンクのブーツの劣化具合の確認の為にネジ切り部分を手で持って動かしてみた事がありましたが、今回は硬すぎて全く動かすことはできませんでした。

20年ものと新品の違いを確認したかったのですがペンチ等で動かしてネジ山を変形させては大変なのでやめておきます。

¥3,000 ×2セット フロント品番=『43330-19025』
¥0,220 ×4セット ボルト品番=『90105-10129』
¥3,290 ×2セット リア品番=『43330-39275』
¥0,270 ×4セット ボルト品番=『90105-12059』

タイロッドエンドと同じように、こちらにも割りピンを差し込む穴が付いていました。

ボールジョイントを購入すると割りピン用のピンとナットは同梱されてきますがピンとナットはそれぞれ別で購入することも出来ます。

ピンやナットが錆び付いてしまう事を考えると定期的に交換してあげてもいいかもしれませんね。

ちなみにこちらのゴムブーツも単品で購入可能です。

ボールジョイント交換後

こちらがボールジョイント交換後の写真です。触るとボロっと落ちてしまった割りピンもしっかりと付いています。

さすがにハブボルト全体を支えて、それなりの重みがあるのでブーツはそれなりにひしゃげています。

しかし、ゴムブーツは新品になったので、しばらくは破けることは無いでしょう。

少なくても今後10年くらいは頑張ってもらいたいですね。

MR2復活のお値段はおいくら?

99 MR2 レストアの価格は ?

25回に渡って記事を書いてきましたが、やっとこれでレストア完了となりました。

しかし車両は走行できる状態になりましたが、まだ法律的には公道を走れるようにはなっていません。

公道を走る為には車検が必要ですが、実は恥ずかしながら自動車税を滞納しております。しかも8年間も….

次回は陸運局へ赴き、車検を通す為に滞納した税金をどうしたら良いか確認してみたいと思います。

¥ 006,750 バッテリー (ATLASBX) 『75D23L』
¥ 060,040 タイヤ 4本 『フロントLS2000』2本『リアREVSPEC RS-02』2本
¥ 005,250 プラグ 4本  NGK premium RX 『BKR6ERX』
¥ 005,314 KTC T形フレックスプラグレンチ 『PHF-16H』
¥ 019,800 パワステリレー トヨタ純正部品 品番=『89654-17011』
¥ 002,780 エンジン・インタークーラー冷却ファン 品番=『不明』
¥ 021,800 リビルド オルタネーター 品番『27060-7433』
¥ 062,229 マフラー フジツボ レガリスR
¥ 002,060 オルタネーター用ベルト 品番『V98D4-0830』
¥ 002,060 A/Cコンプレッサー用ベルト 品番『V98D4-0875』
¥ 017,200 オルタネーター&マフラー&ベルト 交換工賃
¥ 006,750 バッテリー (ATLASBX) 『75D23L』(2度目の購入)
¥ 050,000 ECU トヨタ純正部品 品番=『89661-17380』
(ECU購入代、修理費込み)
¥ 004,500 サビキラープロ (サビ転換材)
¥ 050,679 Eibach スプリング 品番=『8215.140』
—————————————–
【フロントショック部品】
¥000,240 ナット×2個 品番=『90179-14015』
¥010,600 サポートサブアッシー×2個 品番=『48609-17030』
¥004,000 スプリング アッパーシート×2個 品番=『48044-17020』
¥001,460 スプリングインシュレーター×2個 品番=『48157-17020』
¥014,600 スタビリンク×2個 品番=『48820-17040』
【リアショック部品】
¥000,560 ナット×2個 品番=『94182-11400』
¥000,360 カラー×2個 品番=『90387-15027』
¥016,000 サスペンションサポート×2個 品番=『48750-17031』
¥014,600 スタビリンク×2個 品番=『48830-17050』
【フロントリア共有部品】
¥000,880 ナット×8個 品番=『90179-15006』
¥002,080 ボルト×8個 品番=『90901-05001』
¥005,280 ワッシャ×16個 品番=『90201-15030』
——————————————
¥200,000 オーリンズ オーバーホール代 (約)
¥002,100 アンテナロッド 品番=『86337-17110』
——————————————
¥017,463 TY-T-49 MR2 タイミングベルト5点セット
¥004,490 タイロッドエンド左側 品番=『45047-19075』
¥004,490 タイロッドエンド右側 品番=『45046-19195』
¥005,500 テンションロッド右 品番=『48660-17040』
¥005,500 テンションロッド左 品番=『48670-17040』
¥003,000 ×2セット フロント品番=『43330-19025』
¥000,220 ×4セット ボルト品番=『90105-10129』
¥003,290 ×2セット リア品番=『43330-39275』
¥000,270 ×4セット ボルト品番=『90105-12059』
¥068,000 交換工賃

合計金額 ¥727,418

関連コンテンツ

(最終更新:2017年6月10日)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いよいよですね。車検切らしてからは自動車税の請求は来ていないのではないですか?いつからか車検のないクルマには自動車税の督促は来なくなったようです。8年というと単純計算で30万以上。一旦廃車にしてナンバーを取り直せばその分の自動車税は不要なはずですので確認してみてください。車検を切らしてからは走っていないわけで、登録抹消状態と同等とみなされるのだろうと思っております。実際私も同じような状況で一旦廃車にして新たにナンバーを取り直しました。おそらくそのまま車検を取ってしまうと支払っていなかった分が滞納と見なされて支払い義務が生じるのではないかと思います。延滞による利子ももしかされると加算されるのでは?自動車税の延滞って確か年利14%とかで相当な金額になってしまいますよね。

    • koichi様
      次回の記事の税金についての話はMR2を復活させるにあたり一番、最初に確認した事になります。8年滞納となると高額ですからね。地方によってもいろいろ違うようですので私の場合がどうだったのか書き留めておこうと思いました。次回記事も楽しみにしてください。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK