Active 4

[0130] MR2復活計画『その7』 アイドリング不調の原因は? ワコーズ フューエル1を試してみる

約 5 分

エンジン不調について整理してみる

01 SW20 3SGTE

みなさんこんにちは。leonです。 前回、タイヤの交換をしてとりあえず車の移動ができるようになりました。

【参考記事】[0129] MR2復活計画 『その6』タイヤの購入は通販がお得⁈

8年放置された車を復活させる為に一番、金額がかかるのはエンジンだと思われます。これからはエンジン関係の不具合について書いていきます。

実はエンジン始動してから様々な不具合が発生しています。いろいろあり過ぎて訳が判らないので、まずは整理してみました。

  1. アイドリングが不安定。(600~1000回転辺りをウロウロする)
  2. エンジン始動後、『PS』ランプが点灯する。(間欠)
  3. エンジン始動後、『冷却ファン』ランプが点灯する。(常時)
  4. エンジン始動後、『エンジン』ランプが点灯する。(間欠)

エンジン関係だけで問題が山積みです。本当に走り出せるのか不安になりますが、とにかく一つ一つ潰していくことにします。

エンジン復旧の第一弾はアイドリングが不安定なことに関して考えていきます。

アイドリング不調の原因とは?

02 MR2 zSW20 メーター

アイドリングの不調を詳しく説明するとエンジンをかけた後、しばらくすると回転数が600〜1000辺りをウロウロし始めます。回転数が低くなった際には車体がガクガク震えて「エンジンが止まるのでは?」という状態になりますが、放っておいてもエンジン停止まではいかずに上がったり下がったりを繰り返します。

エアコンをONにすると幾分、回転数が上がり症状が緩和されますが何とも気持ちの悪い状態です。

アイドリングの不調の原因として考えられるものは一体どのようなものがあるか挙げてみます。

  • バッテリー電圧の低下
  • ガソリンの質が悪い、ハイオク仕様車にレギュラーを入れている等
  • プラグがかぶり燃焼室内で正常な燃焼ができていない
  • エアクリーナやエアフロセンサーの汚れ
  • アイドリングコントロールユニットやスロットルセンサーの故障
  • エンジンコンピュータ(ECU)の故障
  • エンジン内部の汚れガソリンの流れが妨げられてしまう

思い当たるものがたくさんあり過ぎて、少し恐ろしくなってきますね…(汗) しかも上からドンドン悪い方向へなっているような。

ガソリン洗浄の打開策!? ワコーズ フューエル1を試してみる

03-WAKOS-FUEL1-ワコーズ-フューエル

最初のバッテリーの低下については新しく購入したばかりなので問題は無いはずです。

【参考記事】[0126] MR2復活計画 『その4』 評判の良い激安 バッテリーATLASBX(アトラス)を買ってみた

次にleonが疑いを持ったのがガソリンです。MR2はハイオク仕様なのでもちろんハイオクを入れています。しかし、ハイオクと言っても8年モノの熟成!?された古いガソリンです。

状態はどうなっているか想像もつきません。というか想像したくない…(・´д`・)

そんな劣化しまっくったガソリンにエンジンを正常に動かすパワーがあるかも疑問です。

素人には燃料タンク内を確認することは不可能だし、どうするか考えている時にある動画を見つけました。それがこちら⬇️

ガソリンに添加するだけで燃料タンクやエンジン内部をキレイにしてくれるというフューエル1は手軽で非常にありがたい商品です。

近場のカー用品店に見に行ってみると残念ながら在庫切れとのことで、ネットで取り寄せてみました。

ボトルに記載されている説明文を見るとフューエル1を1本まるまる(300mℓ)使い切るにはガソリン30ℓ〜60ℓをタンク内へ入れておく必要があるようです。

燃料メーターを確認してみると1/4程度しか入っていません。MR2のガソリンタンク容量は54ℓですから約13.5ℓくらいしか入っていないことになります。

どうせなら燃料タンク内を満タンにしてフューエル1の効果を確認したいのでスタンドでガソリンを購入することにしました。

しかし現在MR2は車検も保険も切れている為スタンドへ車で行ってガソリンを入れることができません。

そんな話を友人にしたところガソリンを入れられる携行缶を貸してもらえました。

早速、スタンドへ行き新鮮なガソリンを入手します。

ワコーズ フューエル1を注入!! アイドリング不調は直るのか?

04 WAKOS FUEL1 ワコーズ フューエル1

熟成ガソリン(8年モノのガソリン)と新鮮なガソリンをブレンド(混ぜる)するのはどうかと思いましたが、考えても仕方がないのでとりあえず満タンにしてみます。

一瞬『混ぜるな危険!』の文字が頭を過ぎりましたが、特に問題は無いようです。

これでフューエル1を注入する準備が整いました。

05_WAKOS_FUEL1_ワコーズ_フューエル1_色

ちなみに酸化したガソリンをキレイにしてくれるフューエル1とは一体どんな色か?興味本位で確認してみます。

矢印の先へ少し溜まっているのが判りますでしょうか? まるでお酢のような感じですね。こんな液体が凄い働きをしてくれるなんて不思議です。

まあ、それは置いておいてアイドリング不調が治っているのでしょうか? エンジンをかけてみます。

その結果は!?

症状は変わらず……..(´ー`)

入れてすぐ効果は無いでしょうから何日かに分けてアイドリングを続けて様子を見てみましたが、やはり改善される事はありませんでした。

leonもこれで治るなんて思っていなかったですが少し残念です。 ですが長年、放置していた古いガソリンやMR2の燃料ラインやエンジン内部を少しでも洗浄できると考えれば、やる意味はあったかもしれません。

気を取り直して次のステップへ移行したいと思います。

次はスパークプラグの確認をしてみます。 果たしてアイドリング不調は治るのか? 乞うご期待!!

関連コンテンツ

(最終更新:2017年6月10日)

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK