Active 4

[0041] スタバ 真空二重構造のステンレスタンブラーで冷たい珈琲を堪能してみる

約 3 分

暑い日が続いていますね。
私の会社の事務所は暑くなるとエアコンが効かなくなるので冷たい飲み物はかかせません。

大体、コンビニやスーパでペットボトルを買ってきて飲む事になるのですが、部屋が暑いので、すぐにヌルくなってしまいます。

そこでスタバで売っているステンレス製真空二重構造のタンブラーに入れて出来るだけ冷たい状態を保たせることにしました。

缶コーヒーとかでも金のパッケージは美味しそうなイメージがあるので、タンブラーのカラーリングはゴールドをチョイスしました。

容量は350mm入りますのでスタバに持参して珈琲を入れてもらう際はトールサイズまで入れることが可能です。

皆さん知っていると思いますが、スタバにタンブラー持参して珈琲を入れてもらう場合は20円引きになるのでお得です。

1.スタバ ステンレスタンブラー

やはり水筒に比べたら保冷性は低いですがペットボトル20分位でヌルくなってくるのに対してステンレスタンブラーは1~2時間はヘッチャラです。

さらに氷を入れれば更に長い時間、冷たい状態を保持できるはずです。

密閉性に関しても一昔前のタンブラーとは違いかなりは高くなってきています。

飲み物を入れた状態で横にして1時間程、放置していましたが漏れてくるようなことはありませんでした。

※タンブラーの説明書には横にしないように注意書きがありましたので私の実験で問題がなかったからといって安心はしないでくださいね。

フタになる部分はゴムで出来ていて開閉には少々、力がいりますが、それも密閉性を高める為には仕方のないことなのかもしれません。

2.スタバ ステンレスタンブラーフタ

これなら保温性も期待できそうなので夏だけではなく冬にも活躍してもらうことにします。

私は冬に珈琲を入れる時はマグカップを使っていたのですが、冷めてしまったら不味くなってしまうので焦っての飲んでいました。

また長時間、置いておくと埃も入りそうで嫌だったのですが、タンブラーならフタもしておけるし、ゆっくりと暖かい珈琲を入れて長く楽しむことができそうです。

スタバのタンブラーは期間限定で色々なカラーリングやフタの種類が違うタイプの物が販売されているので、チョコチョコ通って自分の好みに合ったタンブラーをみつけてみるのも良いかもしれませんね。

leonはこう思った。長い目でみたらタンブラーを使った方がお得。

自販機やコンビにで買った飲み物は最初は冷えていても、すぐにヌルくなってしまうのですぐに飲み干すか、新たに買いなおしたりしていました。

今まで、タンブラーを持ち歩くのはメンドウを思っていましたが好きなタイミングで好きな量をキンキンに冷たい状態で楽しめることがこんなに便利だとは思いませんでした。

無駄に飲み物を購入することも無いので長い目で見るとお財布にもやさしいと思います。

関連コンテンツ

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK