Active 4

[0035] 至高の革財布 Ganzo 『その3』THIN BRIDLE マネークリップ 1年後と5年後

約 8 分

 GANZO シンブライドル 1年のエイジング Bloomが落ち輝きを放つようになりました

01 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

みなさん、こんにちは。leonです。前回はGANZO(ガンゾ)のシンブライドルのマネークリップを購入したお話をさせていただきました。今回は、そのマネークリップを使用していくと1年後と5年後で、どのようにエイジング(経年変化)していくのか2段階に分けて紹介させてもらいます。

【参考記事】

[0034] 至高の革財布 Ganzo 『その2』大事にするぞ!! THIN BRIDLE マネークリップ 新品

革製品は扱い方によってエイジングの状態は大きく異なってきます。そこで私が5年間、マネークリップをどのように使っていたか、まず説明しておきます。

お財布ってズボンの後ろポケットに入れてしまいがちですが、コレをやると財布の角の部分が一定方向に曲がってきてしまうんです。なので、できるだけスーツの上着の内ポケットに入れたり鞄に入れるようにしていました。

上着を着ない夏の暑い時期や鞄を持っていない場合はズボンの後ろポケットに入れることもありましたが、その場合でも財布の向きを変えて一方向にクセが付かないように心掛けました。

では1年後のエイジングから順を追って紹介していきましょう。

02 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

これがブライドルレザーのエイジング1年後です。さすがに多少のシワが入ってきましたが、変なクセは付かず美しい状態を保っています。

03 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

さらにブライドルレザーの表面を拡大。マットな雰囲気を醸し出していたBloom(ブルーム)は完全に落ちて、その代わりに艶と光沢が出てきました。

ここで一点、気になることがあるので挙げておきます。よく見ると革の表面に白い斑点のようなモノが付いているのが確認できるでしょうか?実はこの斑点は新品の頃から付いているモノです。

ブライドルレザーの表面に残る白い斑点の正体は何!?

04 GANZO Thin Bridle Money clip Bloom

新品時の画像を確認してみても円の中に白い斑点が見てとれます。これは革の表面にある小さな穴(正確には窪み)にBloom(ブルーム)が詰まっているものと思われます。

ちなみにネットでエイジングされたシンブライドルの写真を探しても、この斑点が付いた財布を、あまり見かけることが無いのを不思議に思っています。私のマネークリップはエイジングされたと言っても1年モノの『ひよっこ』だから斑点が残っているのかな?

こちらに関しては、さらに使い込みながら観察していきたいと思います。使い込んだ5年後に、どうなるかは後述させていただきます。

カードの厚みで膨らんでいたマネークリップは1年でペッタンコに

05 GANZO Thin Bridle Money clip

Ganzoのシンブライドルのマネークリップはカードを5枚も収納できるスグレモノです。新品の時は全てのポケットにカードを収納すると厚みで上の画像のようにパカっと開いていました。

06 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

1年後にはカードが入っている中央部の膨らみを堺に端っこの方は内側にカールしてペッタンコになっています。

07 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

ブライドルレザーの表面は内側のポケットに入れたカードに型押しされて跡が付いてきました。少しずつ経年変化してきていますが、購入から1年程度のひよっこエイジングでは使用感が出てきても、まだまだ初々しい雰囲気が残っていますね。

これが5年の歳月が流れると、どのように変化していくのでしょうか?次の項では5年後のブライドルレザーのエイジング(経年変化)の状態を紹介していきます。

シンブライドル5年後のエイジング状態は? 革の表面に深いシワも散見するように

08 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

 さすがに5年も経過するとかなりエイジング(経年変化)が進行。革の表面に浮かぶ光沢と細かいキズが良いコントラストになり味わいというか『深み』が出てきたように感じます。

09 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

まず、前述した『白い斑点』が、どうなったか確認してみましょう。なんと5年経った現在でも残っています。5年のエイジングを持ってしても、この斑点は無くならないようです。

ブライドルレザーは動物の皮の風合いを残しつつ鞣された革ですが、私のマネークリップに使われた原皮は元々、小さな窪みが多かったのかもしれません。

現状では何ともいえませんので、さらにエイジングが進んだ時に、どうなっているか機会をみて追記させていただきます。

10 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

 マネークリップを鞄へ入れる際は無用な傷が付かないようにスマホやカギ等とは別の場所へ入れていましたが、それでも引かっき傷のようなモノが… また、お札やカードを出し入れす際に負担のかかるクリップの根本の部分は深いシワが増えてきています。

11 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

 上の画像はマネークリップの角の部分。角が折れないようにズボンの後ろポケット入れるのは出来るだけ避けてきましたが、それでも深いシワは刻まれています。

何層にも重なり合うようにできたシワは、まるで波立つ海のよう。私と一緒に過ごした年月がキレイな革のキャンバスに年輪のように刻み込まれていく様は、なんとも感慨深いモノを感じずにはいられません。

 年数の経過は表面の傷やシワだけに留まりません。『色』についても変化が現れはじめました。

私が購入したマネークリップのカラーはダークブラウンで新品の頃は黒に近い暗めの色でしたが、5年の歳月が経過したブライドルレザーは少し色あせて温かみのあるブラウンに変化してきているように感じます。

さらにエイジングが進むと、どうなるか楽しみです。

シンブライドル 切り目本磨きのコバ 1年後のエイジング(経年変化)は?

13 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

次はGANZOの技術の高さがうかがえる『切り目本磨きが施されたコバ』がエイジングされて、どうなったのか見ていきましょう。

上の画像は『エイジング1年モノ』のコバです。私の大好きな朱色のコバは健在ですが…

17 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

よく見ると所々に『ヒビ』が入っています。きっとマネークリップを開閉したり、鞄やズボンのポケットに入れることによって加えられたストレスで徐々に亀裂が入ってきているかも。
とは言っても使用1年では、まだまだ鮮やかな朱色も健在で艶も残っている状態と言えるでしょう。

シンブライドル 切り目本磨きのコバ 5年後のエイジング(経年変化)は?

14 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

それが『エイジング5年モノ』ともなると、さらに亀裂が無数に散見されるように…

15 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

コパを拡大してみました。色あいが曖昧な感じになり朱色か?濃い茶色なのか?判別が付かないようになってきています。 ちなみに画像ではコバの艶が無くなり擦り切れたようにも見えますが、実際に目で見る限りでは光沢感は、まだ残っています。

16 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

上の画像はマネークリップの下側(底辺)にあたるコバの写真。上側に比べ経年劣化は少ないように感じます。ポケットに入れる時は一定箇所に負担が集中しないように向きを変え均等にエイジングしていく作戦でしたが、コバに関しては、あまり効果は見られなかったようです。 

以前、GANZOの店員さんにリペア(有料)に出せばコバの修復を行ってもらえると聞いたことがあるので、機会があればやってみようかな?

内装のミネルバボックス(ヌメ革)の1年後のエイジング(経年変化)は?

18 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

最後は経年変化の度合いが一番、早いと思われるミネルバボックス(ヌメ革)の1年後のエイジング状態を確認してみましょう。

ミネルバボックスは油分などが浸透しやすい革のため、不用意にクリームやワックス等を与えるとシミの原因になりますので注意が必要です。

19 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

その為、こちらはノーメンテナンスで時々、柔らかい布で拭く程度にしています。ご覧の通りオイルをあげてはいませんが、特にヒビ割れやカサカサした感じはありません。 元々は薄いクーリーム色でしたが、次第に茶色が強くなり、アタリの強い場所はこげ茶色に変化してきています。 

20 GANZO THIN BRIDLE Money clip One year after aging

実際に1年、使っていて刻印が何となく薄くなったような気がしていたのですが、写真で見るとそうでもないですね。

内装 ミネルバボックス(ヌメ革)の5年後のエイジング(経年変化)は?

21 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

経年変化のスピードが早いミネルバボックスでも1年程度のエイジングではアタリの強い部分が焦げ茶に変色していただけでしたが5年も経過すると状況は一変します。
新品時に薄クリーム色だった革の表面は飴色というより、こんがり焼いたトーストのようになり良い味が出てきました。

22 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

イタリア伝統的な植物タンニンでじっくり丁寧にナメされた革はオイルをあげなくても使い込むほど色合いに深みを増して光沢をおびて手に馴染むようになってきます。

5年間、ノーオイルでメンテしてきましたが、全くカサつきは見られません。状態的には、まだまだリペア無しで使い続けることができそうです。

嫌だった白い粉(Bloom)もいざ無くなってみるとちょっぴり寂しい

23 GANZO THIN BRIDLE Money clip Five year after aging

シンブライドルのマネークリップの1年後と5年後の2つの期間に分けて、それぞれエイジングの状態を紹介してきましたが、いかがでしたか?
私見として感想を言うと5年の歳月をかけてエイジングされたブライドルレザーは独特な光沢とシワがあいまって良い味が出てきたのではないかと思います。

ですが、あれほど嫌だと思っていた革の表面に浮き出すBloom(ブルーム)によって見せる古ぼけた感じも、いざ無くなってみると懐かしいような、それはそれで味があったような気もしてきました。

人って無いものネダリなんですかね?

コバは濡れるように艶のある朱色が鮮やかだった新品時が一番、好きな状態です。これに関しては本気でリペアを考えています。

最後にミネルバボックスに関しては日焼けや摩擦によって飴色に色づいた表面が圧倒的に好みです。

新品時のブライドルレザーとコバが良いと言っても後戻りできるワケでもないので、今後もさらなる経年変化(エイジング)を楽しんでいこうと思います。
次回、036 Ganzo Shell Cordovan 2(ガンゾ シェルコードバン2)名刺入れに続きます。

※こちらはシェルコードバンタイプ。

関連コンテンツ

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 記事読ませていただきました。
    大変綺麗にエイジングされてますね!
    お手入れにも気を使われているようで・・・。
    私もGanzoを購入しました。
    シンブライドルの変化を楽しみたく思っています!

    • コメントありがとうございます。
      Ganzoを購入されたんですね。仲間が増えて嬉しいです。
      是非、メンテナンスしながら長く使って楽しんでください。

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK