Active 4

[0037] GANZO (ガンゾ) シェルコードバン名刺入れ (1年後) 経年変化は?

約 3 分

前回記事のシェルコードバン単名刺入れの1年後の写真を紹介したいと思います。

ブラウンは、ガンガン使って多少の傷は付いてきましたが、艶感は無くなってはいません。

写真では判りにくいですが心なしか、明るいブラウンから暗めのブラウンに変化しているように感じます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラックは相変わらず、マットな感じです。

傷が白ぽっく付くので、ブラウンより目立ちますね。

どちらかというと、ブラウンの方が、経年変化を楽しめそうな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刻印は特に変化は見られません。

時間と共に彫り込みが薄くなったりしないかな?とか思ったのですが、杞憂だったようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1年経過しても縫い目はキッチリしています。

職人さんの意気込みを感じる仕上がりです。

これなら長く使っていけそうです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結果、気持ち色が濃くなったような感じはするもののロウを使っているシンブライドルレザーと違い1年程度では大きな変化は見られませんでした。

シェルコードバンは傷が付きやすいですが、深い傷でなければ時間の経過とともに目立たなくなってきます。

また、メンテナンスによってもある程度なら目立たなくなります。

お店で見た数年程、使い込んだというシェルコードバンはテカテカに光っていたのですが、私の名刺入れはそれほどではありません。

メンテナンス方法に問題があるか、まだまだ使い込みが足りないのかもしれません。

ホーウィン社のシェルコードバンのお手入れ方法

ホーウィン社はアメリカ・イリノイ州シカゴに本拠をもち100年以上の歴史を誇る世界的にも有名なタンナーです。

シェルコードバンは植物性タンニンによってなめされ革の性質を損ねない自然な風合いに仕上げられています。

長い時間をかけてたっぷりとオイルを染み込ませていくので張りを残しながらもしなやかで使い込む程に味の出てくる革です。

オイルが革に深くまで浸透しているので使用後、1年くらいはオイルを塗る必要は無いとされています。

気になる時には乾拭きで構いませんが、シェルコードバン表面は通常の牛革と比べても柔らかい為、傷になり易いので乾拭きする際は柔らかい布で力を入れないで磨く事をオススメします。

革に乾燥が見られるようになりましたら、米粒程度のオイルを一度、布によく馴染ませてから伸ばすように塗ると良いと思います。

※お手入れにはコチラのカラーレスタイプがオススメです。

関連コンテンツ

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK