Active 4

[0084] 簡単交換 パナソニックDIGA (ディーガ)の外付けHDDにはSTARDOM iTANK i310が超オススメ!!

約 5 分

HDDレコーダーディーガの内蔵HDDが容量不足に.. USB外付けHDDで補おう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさん、こんにちは。leonです。

4月になって新番組や新ドラマも目白押しです。

普段は仕事やらなんやらでリアルタイムでテレビを見る事ができないのでHDDレコーダーのお世話になっています。

しかし、欲張って録画していたら、内蔵HDDの残り容量が少なくなってしまいました。

このまま予約録画を続けると『HDDの容量不足で録画出来ませんでした』なんて笑えないメッセージを見る事になってしまいます。

だけど、まだ録り貯めて観ていない番組も、わんさかあるので、それらも消したくはない。

最近のHDDレコーダーは、USB接続で外付HDDを取り付けて内蔵HDDの容量不足を補うことができるのですが、今まで、必要がなく購入を控えていましたが、とうとう購入する時が来たようです。

leonの考えるUSB外付けHDDの条件は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は今回の容量不足を補うための外付けHDDを捜してみることにしました。

私の持っている機種はパナソニックのDMR-BZT730-Kで、2TBの内蔵HDDを搭載しているモデルです。

パナソニックのレコーダーは通称ディーガと呼ばれているのですが、こちらの名前の方が馴染みがあるかもしれませんね。

レコーダーに接続するHDDには制限があったり、動作確認済み製品と未確認製品もあるので、それらと自分の要望を考慮しなければなりません。

では、どういった外付けHDDを選定したら良いか考えて行きます。

  • DMR-BZT730-KはUSB3.0インターフェースがあるのでUSB3.0対応品が望ましい。
  • 容量が大きい程、たくさん録画できるので、少なくとも内蔵HDDと同等かそれ以上の容量であること(2TB or 3TB)。
  • レコーダーと外付けHDDは個体縛りがあり、その個体と1対1でしか使用できない。
    最大8台まで追加が可能なので、外した後も場所を取らない省スペースな物であること。
  • 外付けHDDによる予約録画は行わない。内蔵HDDへ録画した物を移動して保存場所として使用。
  • 取り外した後、安全に保管できること。
  • 最終的にHDDが用済みになった時も他でも使い回しが出来ること。

メーカー推奨HDDをしらべてみる

パナソニックが推奨しているHDDでUSB3.0対応品をとりあえず調べてみることにしました。

  • バッファロー製 HD-AVS3.0U3/V (3TB)
  • バッファロー製 HD-AVS2.0U3/V (2TB)
  • アイオーデータ製 AVHD-UR3.0 (3TB)
  • アイオーデータ製 AVHD-UR2.0 (2TB)

どちらもメーカーが推奨している動作確認済みで安心ではあるが、3TBの容量だと2万円台前半、2TBだと1万5〜6千円と決して安くない。っていうか高い。

ディーガは1台のHDDレコーダーに対して8台までHDDの登録が可能だが、この先、買い足していく事を考えると毎回、高い金額を出してまで上記のHDDを購入する価値があるのだろうか?

しかも、登録したHDDを別のHDDへ取り替える際に、いちいちHDDレコーダーの後ろに回り込んで電源ケーブルとUSBケーブルを付け替える必要があるので随分と面倒な仕組みになっている。

取り外したHDDは、元々入ってきた梱包箱に戻してクローゼットにでもしまっておくのか?

8台も…

それじゃあ、店の倉庫だよ。

嫌だ!!そんな納得のいかない製品の為に貴重な、お金を使いたくない。

メーカー推奨品は無いな…

HDDをスロットインできるSTARDOM iTANK i310に決定!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこで、思いついたのが、スロットインで交換できるタイプのHDDケースです。

MacBook Proのバックアップ用に私が以前から目を付けていたSTARDOM iTANK i310というのがあるのですが、これならHDDを簡単に交換ができます。

iTANK i310の最大の特徴はHDD交換用のドライブトレイが付属していて別のHDDへ簡単に交換ができるところです。

Stardom HDDドライブトレイ

また、着脱式3.5インチドライブトレイも別売りで販売しているので、内蔵用の3.5インチHDDさえ調達すれば簡単に交換して行く事ができます。
Stardom HDDケース

さらに外したHDDのドライブをしっかりと保護するための保護ケースも別売りで販売されていますので、至れり尽くせりの状態です。

もし、万が一にディーガーとの相性が悪くてHDDを認識してくれなかった場合はMacBook Pro、Mac Airの外付けHDDとして使う事にします。

MacBook ProやAirの横に置いてもおかしくないシルバーのアルミニウムボディを使用しているのでデザイン的にも申し分はありません。

次回は実際にHDDを実装してみます。

[0085] STARDOM iTANK i310 HDD実装&交換方法

【2017年4月に追記】
2017年4月現在ではIEEE1394インタフェースの付いた高額な製品しか無くなっています。ただし、今後はその高額モデルも入手が困難になるかもしれないので購入を考えている方はお早めに!!

関連コンテンツ

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK