Active 4

[0172] フィット感抜群!! ホーズの靴下を買うならハリソン(HALISON)がオススメ!!

約 8 分

ロングホーズの靴下と言っても、何処のブランドを選べば良いのか?

01 HALISON Egyptian Cotton Wide rib

 みなさん、こんにちは。leonです。前回、寒さ対策と見た目のスマートさからビジネス用に『ホーズ(hose)』の靴下を購入しようという記事を書かせて頂きました。

【参考記事】

[0171] 寒さ対策とスマートさを両立させたロングホーズの靴下とは?

ロングホーズを検索して一番、最初に目が止まったのがHALISON(ハリソン)です。1925年に靴下工場を創業し1966年以降はハリソンブランドを立ち上げ登山用やトラッド専門店へ日本製の靴下を提供している老舗ブランドです。

現在では有名なセレクトショップにも靴下を供給していることから製品の品質には信頼がおけると思いました。

まずは国内代表ということでハリソンのロングホーズを2種類購入してみることにします。

一つ目に選んだのはハリソン エジプト綿 ワイドリブ

02 HALISON Egyptian Cotton Wide rib

一つ目に選んだのはハリソンのロングホーズの中で比較的、安めの『エジプト綿ワイドリブ(25-26cm)です。※他に23-24cmと27-28cmのサイズがあります。

65番手の細いエジプト綿を使用。綿の繊維には微細な毛羽立ちがあるのですが、その毛羽立った糸を薬剤などで焼くシルケット加工がされています。

この加工をする事でシルクのような艶と、しなやかさを兼ね備えた靴下に仕上がるそうです。

エジプト綿 ワイドリブの素材や重さは?

03 HALISON Egyptian Cotton Wide rib

生地に含まれる糸の量を他の靴下と比較する為に重さを計測しておきます。メーカーの公称値の重さは60gでしたが実際に測ってみると58g。まあ2gの差なので誤差の範囲内ですね。

●素材 エジプト綿(シルケット加工) ・ナイロン
●編機 176本リブ
●重量 約60g
●厚み 中薄
●着圧 中(適度なフィット性)
●用途 ビジネス
●機能 ワイドヒール(踵がズレにくい)爪先・踵補強

ハリソン エジプト綿ワイドリブの履き心地は?

04 HALISON Egyptian Cotton Wide rib

口コミでは締め付け感が強いという意見もありましたがleon的には締め付け感はあまり感じませんでした。かといって緩くもなく気持ち良い頃合いのフィット感です。

 人によってゆるいと感じる人・きついと感じる人がいますが、理由の一つに『ふくらはぎの太さ』も関係があると思われます。

参考までにleonのふくらはぎの太さを測ってみました。上の画像の矢印の位置で計測して 34cm。

25-26cmのサイズを購入してふくらはぎ周りが34cmくらいなら強い締め付け感を感じることは無いのではないでしょうか。

12 HALISON Sozzi Hose Rib

またメーカー側でもフィット性にはこだわっていて、ふくらはぎを締め付け過ぎないように段階的に着圧を調整しています。

着圧の調整に一役買っているのは176本もある『リブ』ではないかと考えています。『リブ』とは畝(うね)のある織物で生地に凹凸がある為、伸縮性に富んでいるんです。

この伸縮性利用し着圧の調整をする事でストレスフリーの履き心地を実現しているのでしょう。

05 HALISON Egyptian Cotton Wide rib

『エジプト綿ワイドリブ』で一点だけ気になったのが親指の付け根の部分です。布が少し余ってしまっているのが判るでしょうか?

靴を履いた時に、この生地の余りがゴワついて不快に感じることがよくあります。

06 HALISON Egyptian Cotton Wide rib

 靴下を裏返してみると縫い目が山のうように盛り上がっています。

以前に激安ソックスを近所のスーパーで購入した事がありますが、この縫い目の部分が足に当たり痛いと思いをしたことがあります。

『もしかして、この靴下も靴を履くと痛いのかな?』と気になったので靴を履いて試してみました。

しかし予想に反して全く気になりません。軽くしなやかな特徴を持つエジプト綿の影響なのかは判りませんが、履いてみて気になる点はありませんでした。

靴を脱いだ時のつま先の美しさは今一歩ですが、基本的には靴を履いていますので問題は無いと思います。

この『ロングホーズ』は金額も割と安いのでオススメです。

二つ目に選んだのはスピーマ リブホーズ クラッシック リンキング

07 HALISON Supima Hose

二つ目に選んだのはエジプト綿ワイドリブよりも少しだけ高めな『スピーマ リブホーズ クラシック リンキング』(25−26cm)です。※他に23-24cmと27-28cmのサイズがあります。

こちらの素材はエジプト綿ワイドリブよりもさらに細い84番手の綿を使用。

綿自体は『ピマコットン』と呼ばれるアメリカ南西部のコットンが採用されています。『ピマコットン』を100%使用した高級コットンを『スピーマコットン』と呼ぶことから『スピーマ リブホーズ 』と命名されているのでしょう。

08 HALISON Supima Hose Toes Linking knitting

では名前の後に続く『クラシック リンキング』は何かというと、こちらは『リンキング』という編み方からきています。

『リンキング』は本体と付属パーツをチェーンステッチで繋ぎ合わされるニットで使われる縫製です。縫しろが無いので非常にスッキリとした仕上がりになります。

上の画像は靴下のつま先を裏返した写真ですが縫い目がフラットで美しい。

09 HALISON Supima Hose Toes Linking Egyptian Cotton Wide rib stitch

『スピーマ クラシック リンキング』と『エジプト綿ワイドリブ』のつま先の縫い代を見比べてると違いがハッキリと判ってもらえると思います。

ここまでフラットに縫製されていると履き心地が楽しみになってきますね。

ハリソン スピーマ リブホーズ クラシック リンキングの素材や重さは?

10 HALISON Supima Hose Toes Linking knitting weight 52g

 はやる気持ちを抑えて『スピーマ リブホーズ クラシック リンキング』の素材や重さを紹介します。重さは少し軽い52g。同じ綿素材でエジプト綿タイプよりも軽いということは生地の量が少ないということになりますね。

●素材 コットン(スーピマ シルケット)・ナイロン
●編機 200本パーフェクトウ
●重量 約50g
●厚み 薄手
●着圧 弱(フィット性が弱い)
●用途 ビジネス
●機能 ワイドヒール爪先・踵補強

リンキングは伊達じゃない!! 足に吸い付くようなフィット感

11 HALISON Supima Hose Toes Linking knitting Toes

13 HALISON Supima Hose Toes Linking Egyptian Cotton Wide rib

足の甲の部分のフィット感は満点ですが、ふくらはぎはどうなのでしょうか?

気になったので実際に一日、履いてみました。『エジプト綿 ワイドリブ』と比べると着圧は少し緩く感じますが結果としてはソックスのずり落ちはありませんでした。

一日、履いていて思ったのは、つま先からヒザ下までを優しく包み込んでくれているような感覚で、非常に心地よいことです。

少し薄手なので寒さ対策的にはちょっぴり劣るかもしれませんが、その代わりに一年通して安定して履けそうなので評価としてはプラスといえます。

leon的には『スピーマ リブホーズ クラシックリンキング』は超オススメです。

製品づくりに真面目なブランド ハリソン のホーズ 2種類はめちゃ オススメ

14 HALISON Supima Hose Egyptian Cotton Wide rib

靴下の老舗ブランド ハリソンのホーズを2種類をご紹介致しましたが、いかがでしたか?

ホーズの靴下といえばイギリスのパンセレラ(PANTHERELLA)やイタリアのSOZZI(ソッツィ)の方が広告への露出度が高い為、有名です。正直、知名度ではハリソン(HALISON)は劣ってしまうかもしれません。

でも製品の品質は海外勢に負けないくらい非常に丁寧に作り込まれていると感じました。

ホーズはスネを見せてしまうのを防ぎたい方や寒さ対策としても重宝しますので興味のある方は、まずハリソンから試してみると良いと思います。

気になる方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

関連コンテンツ

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK