Active 4

[0111] バーバリーブラックレーベル M65は一着で三役!!

約 6 分

来年は無いかも‼︎? バーバーリーライセンス契約は2015年春夏シーズンまで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みなさんこんにちは、leonです。

寒くなってきましたね。

先日、冬支度の為に木更津アウトレットに行ってきました。

目的はバーバリーブラックレーベルでの掘り出し物の探索です。

ブラックレーベルは2015年の春夏シーズンをもってバーバリーとのライセンス契約が切れ、それ以降は『マッキントッシュロンドン』や『ポールスチュアート』という別のブランドでの展開になってしまいます。

私はバーバリーのデザインが好きで何着か持っています。と言っても全部ブラックレーベルなんですが…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ファションに明るい人からは「ブラックレーベルを買うより無理してでも本当のバーバーリーを買った方が良いよ」と言われたこともあります。

しかし、私には英バーバリー本社が販売している商品と、ブラックレーベルの商品を見比べてみても品質の差が金額に見合うほどの差があるのかよく判りませんでした・・・(・∀・i)タラー・・・

トレンチコート、一つをとっても似たようなデザインで倍近い金額する英バーバリーが、値段に見合った素材、縫製をしているか判別する事は素人には難しいと思います。

ブラックレーベルは日本人の体型やセンス、流行に合わせたサイズやデザインを取り入れています。

であれば半額に近い金額で購入できるブラックレーベルを選ぶのも『あり』ではないでしょうか?

【2003年に購入したハーフトレンチコート】
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブラックレーベルは英バーバリーに比べて半値に近い金額で購入できるので製品が悪いというイメージもありますが、10年以上前に買ったトレンチコートを今でもキレイな状態で現役で着ています。

多分、大事に使えば一生使えそうな勢いです。

安いと言っても8万円近い商品ですから品質も一定以上は保っていると思われます。

なんか脱線してしまいましたが、木更津アウトレットには英バーバリーの半値近いブラックレーベルの商品が、さらに3割引きくらいで販売しているので非常にお得です ハ(´∀`v)

アウトレットでは基本的に前シーズンの商品が並んでいるようなのですが、ライセンス契約の切れてしまった来年に今年の商品が並ぶかどうか疑わしい…

今回は、そんな理由から探索をしてみることにしました。

購入したのはミリタリーの代名詞『M65』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初はベージュのトレンチコート目当てだったのですが、お店に入って目に飛び込んできたのは何の変哲もない『M65』でした。

以前にミリタリー物の服を好んで着用しているという記事を書きましたが、私はトレンチコートと『M65』は大好きでメーカー違いや色違い、素材違いなど何着か持っています。

【参考記事】 [0056] 寒い冬にはAVIREX B-3フライトジャケットで防寒対策

早速、試着してみると中がフカフカしていてメチャクチャ暖かそうな素材です。

今まで私が持っていた『M65』は薄手の素材で中にトレーナーやセーターを着込まないと真冬の寒空の下では耐えられない物ばかりでした。

しかし、どれもタイトに着る為にジャスフィットサイズで購入してしまっているので中にトレーナーを着ることはできません。

なので、着るのは春、秋だけで冬のレパートリーに『M65』を着るという選択肢はありませんでした。

しかし、このフカフカなジャケットなら中にシャツ1枚でも充分に真冬の寒さにも耐えられそうです。

真冬に『M65』を着る選択ができるとなると購入しないわけにはいきません。

寒風にも負けないブラックレールM65の秘密とは!?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自宅に戻って写真を撮ったので『M65』を紹介させていただきます。

お店ではコバルトブルーも置いてありましたが、私が選んだのはカーキです。

見た感じは何の変哲も無い『M65』ですが、襟元にファーが付いているのがアクセントといったところでしょうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このジャケットは襟元にファー、袖口はNー3Bのように『インナーリブ』が付いていて、それぞれ浸入してくる風を防げる仕様になっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャケットの内側にはライナーが付いていて取り外せば、春や秋の気候でも着ることができるので長いシーズン使うことができるようになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
では、ライナーを取り外してみます。

『ん⁉︎、何コレ?』袖の方までライナーが繋がっていて、中々、取り外すことができません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ライナーの構造を確認する為に、袖口をめくってみると『インナーリブ』だと思っていた袖にフックが付いておりベルトで固定されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もしやコレは⁈

そうです。実はこの『M65』は内側に、ダウンジャケットが付いていたのです。

お店で試着した時にやけにフカフカしていると思ったら、中にダウンジャケットが仕込まれているなら納得できます。

購入する前に気が付かないとは、かなりうかつですが、良い方向に転んだので今回は良しとしましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『M65』からダウンジャケット取り外してみました。

カラーリングも外側と同様にカーキを使っていてダウンジャケット単体でもイケてます。

少し薄手ではありますが、これだけでも充分に暖かそうです。

最近はユニクロなどで簡単に入手できるからか街を歩くと、みんなダウンを着ているというイメージがあり、今まで購入する事はありませんでした。

でも、実際に着てみると軽くて暖かいので使い勝手が非常に良い。

コレはコレでありだと感じました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初に見たときからオレンジ色の裏地が気になっていたのですが、ダウンジャケットを裏返しにしてみると、さらに発見がありました。

このダウンジャケットはリバーシブルで使用できるようになっています。

見た感じは嫌いじゃないけど、私には似合わなそうなので、オレンジ色側で着ることはなさそうでが…

leonは思った。ショッピングはじっくり冷静に吟味しないと

木更津アウトレット

今回のショッピングはアウトレットで、かなり混雑していたのでジャケットの中の構造を確認しないで購入してしまいました。

たまたま、良い方向に転んだのでよかったですが、場合によっては自分が納得できない商品であることも考えられます。

持っているお金は有限なので今後は、じっくりと冷静に吟味したいと思います。

以上、ブラックレーベルの『M65』の紹介でした。

今回、ミリタリーの代名詞とも言える『M65』を紹介しましたが、今後は私が今まで購入したミリタリーな服をウンチクも含め紹介して行けたらと思っていますので興味のある方は是非またお越しください。

関連コンテンツ

COMMENT ON FACEBOOK