Active 4 私が気になるモノや場所を徹底的に紹介するブログ

Apple・革製品(GANZO)・ファッション・車・珈琲・スタバ・レジャースポットを徹底的に紹介するブログ

[0102] パソコンデスクには昇降式ダイニングテーブルが意外に便利!!

2019年8月19日
約 9 分

Macを2台、並べて置けるような大きなテーブルが欲しい

0102 Lifting Dining Table Review 01

みなさん、こんにちは。leon(@leon_sk4_22)です。 もう数ヶ月は経ちますがMacBook Proを設置しているテーブルを新しいものに新調しました。

理由は今まで使っていたMacBook Pro17インチの隣にセカンドPCとして購入したMacBook Air 11インチを隣に並べて置きたいと思ったからです。

MacBook Pro17インチを初めて購入した時は、とりあえず置ければ良いと考えで小さなテーブルを使っていたのですが、手狭になり少し大きなテーブルへ変更。しかし、そのテーブルも時を経るごとに、いろいろなモノが置かれて狭く感じるようになってきました。

とりあえず購入という安易な考えで買い物をしてきましたが、そろそろ長く愛用できるOAテーブルを持ちたいと考え重い腰をあげることにしました。

最初に購入したのは小さなキャスター付きOAテーブル

0102 Lifting Dining Table Review 02

3年前にMacを購入した頃は、[0006] Mac ケーブル周りの整理 その1〜Blue Lounge〜ケーブル収納BOX で紹介したような背の低い小さなテーブルを使っていました。本当にとりあえずという感じで購入したのですが、MacBookの下には物を置くスペースが有り、これはこれで便利。

でも、すぐに限界を迎えることになってしまいます。テーブルの上にはMacBookを設置して下の板には外付けハードディスクとケーブル収納BOX(Blue Lounge)を置いていました。

これだけ物を置いてしまうと、ほとんどスペースが無くなってしまいます。

手元にスペースがありますが、珈琲カップを置いてしまうとキー操作の邪魔になるので作業をしながらコーヒーを飲むことができません。コーヒー好きとしては飲みながら作業が出来ないのは、ちょっと辛い…

また、長い時間、床に座りながら作業をしていると腰が痛くなるのでイスを使える背の高いテーブルが欲しいと考えていました。そこで昨年の2月頃に落ち着いた感じのダイニングテーブルをネットで購入することに。

二度目に購入したのは昇降式のダイニングテーブル

0102 Lifting Dining Table Review 03

こちらがネットで購入したダイニングテーブルです。ダイニングテーブルを選んだのは奥行きのある製品が多いから。このテーブルは幅90cm ・奥行き60cmなので、MacBookやKBを置いても、奥にまだ余裕があります。

おかげで電源ケーブル類を収納できるBlue Loungeも置けて棚のように使用することができてしまいます。ちなみに少々、めんどうですがテーブルの高さを段階的に調整をすることもできます。

しかし、このテーブルもMacBook Air 11インチを購入したことで手狭になってしまい、もっと広くて使い勝手の良いテーブルを購入することを決意します。

できれば、今回で最後にしたい….

今までの敗因は物を見ずに曖昧にネットで購入してきたのも原因の一つだと感じました。今回は直接、お店に出向いて実物を目で確かめて吟味したいと思います。

東京インテリアで昇降式ダイニングテーブルを購入!!

0102 Lifting Dining Table Review 04

今回、購入したいと考えているのは自分の部屋に設置できる最大級だと思われる横幅が110cmくらいまでの机です。これだけ大きければ、今後スペースで悩むことは無いはず。

また部屋が狭いので掃除をしたりする時に簡単に動かせるキャスターが付いているとありがたい。そして出来れば暖かみを感じる木目調の机が望ましいと考えていました。

でも実際に探してみるとデザインが良ければ色合いが気に入らなかったり、色合いが良いと思えば上記のような円形のテーブルだったりと自分の思いに答えてくれる机は見つかりません。

0102 Lifting Dining Table Review 05

店内を歩き回って諦めかけた時にあるテーブルが目に入ってきました。ちょうど良い大きさのダイニングテーブルです。サイズは幅105cm ・奥行き80cm。横幅が少しだけ狭いですが、奥行きがココまであれば手元の方はかなり広く使えそう。

キャスターが付いているので移動も簡単にできて、かなり理想のイメージに近い。しかも、しっかりとした作りの割には、お値段 ¥288,00(税別)とリーズナブルでもあります。

あとはカラーリングにブラウン系の木目調のモノがあれば完璧です。早速、店員さんに確認してみることに。

0102 Lifting Dining Table Review 06

しかし、カラーリングはホワイトとブラックの2種類のみでした(汗)。ブラックは一応、木目調なのですが、色が暗い為、パッと見た感じでは木目の雰囲気は判りません。

どうするか少し迷いましたが、サイズや機能・値段を考慮してこれ以上のテーブルはなかなか見つからないと判断。少し妥協になりますがブラックのダイニングテーブルを購入することにしました。

昇降式ダイニングテーブルの気に入っている部分『その1』 しっかりとしたキャスター

0102 Lifting Dining Table Review 07

今までのテーブルは、移動しようとするとプラスチック製のキャスターが滑って転がらず、転がすというより引きずるという感じでした。またキャスターを止めているネジが外に飛び出していて、移動の際に他の家具に当たりキズを付けてしまうこともありました。

購入を考えている時には、ネジの形状など気にも止めなかったのですが、実際に使ってみて、このデメリットに気が付きました。このようなキャスター部のネジの形状はネットでもよく見かけるので、これから購入を考えている方は是非チェックすることをオススメします。

0102 Lifting Dining Table Review 08

しかし、今回の昇降式テーブルのキャスターは大きくて、しっかりしています。キャスターの円周にはゴム製のラインがタイヤのように、ぐるりと一周しているので絨毯でも滑らずに転がってくれるので簡単に移動ができます。

このゴムが付いているおかげでフローリングに置いた場合でもキズを付ける事はなさそうです。中心部にあるキャスターを止めているネジも外側に出ることなくフラットになっているので他の家具に当たってキズを付けるようなこともなくなりました。

以前のキャスターと見比べてもらえば判りますが、デザイン的にも機能的にも、新しいテーブルの方が、安心感、高級感、使い勝手で優れています。

昇降式ダイニングテーブルの気に入っている部分『その2』 簡単に高さ調整ができる

0102 Lifting Dining Table Review 09

以前のテーブルは高さ調整が大変なことも問題点のひとつでした。まずテーブルを横に傾けてからネジを緩めて足の付け根を移動させることによって高さの調整する仕組みになっています。

当然、テーブルの上の物を全て降ろさないと高さ調整は行なえません。その為、せっかく昇降できるテーブルを買ったのに高さ調整のわずらわしさから一年以上使っているのに数回しか高さを変更することはありませんでした。

0102 Lifting Dining Table Review 10

対して、新しいテーブルは高さ調整は油圧ダンパーによって簡単に行う事ができるようになりました。

0102 Lifting Dining Table Review 11

高さを低くしたい時はレバーを引きながらテーブルを上から押せばすーっと低くなってくれます。逆に高くしたい時はレバーを引きテーブルの板を持ち上げることで調節する事が可能ですが少々、コツと力がいります。

でも、テーブルの上の物を退ける必要はありませんので、かなり手軽に高さ調整をするようになりました。

ちなみに高さ調整はレバーを引いてある程度、力を入れないと動かないようになっているので、急な動作でテーブルの上の物が落ちてしまうようなことはありません。

0102 Lifting Dining Table Review 012

テーブルの足は、かなり頑強に作られているのでガスダンパーが抜けない限りは、ずっと使えそうな感じです。考えようによっては自分で天然の板を購入して付け替えるこれば、本当の意味で理想の机を作ることが出来てしまうかも。

まあ、取りあえずはこのまま使用していくつもりですが(^^)

昇降式テーブルの高さの調整幅をチェック

0102 Lifting Dining Table Review 13

試しに高さ調整がどこまで出来るか確認してみました。一番低くするとテーブルの高さは23cmほど。でも、ここまで低くしてしまうと逆に使い勝手は悪いです(汗)

0102 Lifting Dining Table Review 14

高さを40cmくらいにすれば床に、あぐらをかいて作業はできそう。でも長時間の作業には向かないかも。

0102 Lifting Dining Table Review 15

一番、高く調整すると76cmまで高くすることができました。という訳で調整幅は23〜76cmということになります。テーブルの高さ調整が手軽に出来て調整幅が、これだけあれば椅子を選ぶ範囲が一気に広がります。

テーブルを選ぶ時は大きさとデザインを決めればOKですが、イスの場合は『テーブルとの高さが見合っているか?』ということも考慮する必要があります。でもこのテーブルなら高さ調整のできないお洒落な木製のイスや座り心地の良いソファーを選ぶことも可能になります。

例えば私が以前から気になっているCRASH GATEのソファを選ぶ事だって出来てしまいまうのは、かなり嬉しい。

現在は部屋にイスを置くスペースが無いのでベットをソファー代わりにして、その高さにテーブルを調節して使っています。でも一般的に考えても部屋の模様替えや引越しした時、子供の成長に合わせたり、昇降テーブルはあらゆるシーンでも使えて本当に便利だと感じました。

MacBook Air11とpro17、HDDやBlu-rayドライブを置いても余裕のスペースを確保!!

0102 Lifting Dining Table Review 16

今回、購入したテーブルは幅105cm・奥行80cmと大きくなり、それに比例して使えるスペースも大幅に広がりました。テーブルが広くなった分、部屋は狭くなりましたが….

そのおかげで、MacBook Air11とPro17、HDDやBlu-rayドライブ、ケーブル収納BOXを置いても十分な余裕があります。余裕のある広い机は、開放感があって気持ちいい。

余裕があるからといって、どんどん物を置いてしまうと、この解放感が失われてしまうので注意するようにします。

せっかく環境が整ったので、これで作業が捗るよう頑張っていかないといけませんね(^^)

というか、お金も掛けているし頑張らないと…

私が購入したテーブルではありませんが、同じ足の付いたテーブルを見つけたのでリンクを貼っておきます

次の記事では無機質なデスク周りに暖かみのあるデスクマットを導入します

0110 Mikasa Leather Desk Matte Review 11

【参考記事】[0110] 栃木レザーを使用したお洒落なデスクマット ミカサレザーを購入!!

関連コンテンツ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK