Active 4 私が気になるモノや場所を徹底的に紹介するブログ

Apple・革製品(GANZO)・ファッション・車・珈琲・スタバ・レジャースポットを徹底的に紹介するブログ

[0196] パソコンデスクをおしゃれに演出する『Satechi マウスパッド(Ecoレザー&アルミ)』をレビュー!!

約 10 分

クールでカッコイイ『Satehi マウスパッド』をレビュー!!

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 01

みなさん、こんにちは。leonです。前回のワイヤレスマルチメディアリモコンに引き続きSatechiさんから製品をご提供していただきましたので、ご紹介させてもらいます。

今回の製品はマウスパッド

マウスパッドといえば当ブログでも、以前に2回ほど本革製のマウスパッドについてレビューを書いています。

一つ目は自然の風合いを活かしたヌメ革を使った土屋鞄のマウスパッド。

二つ目は縦450mm×横650mmもあるミカサレザーの巨大マウスパッド。こちらに関してはマウスパッドというよりデスクマットと言った方がいいかもしれません。

この2つのマウスパッドは現在も愛用していて、とても満足しているのですが一つだけ不満もあるんです。それは、水に弱く簡単にシミになってしまうこと。

今回、ご紹介するSatechiのマウスパッドはアルミタイプとEcoレザーという合成レザーの二種類。

本革製のマウスパッドと違い経年変を楽しむ事は出来ませんが、その代りにシミや汚れを気にすることなく使用できるのでメンテナンスが面倒だと言う方や、長期間キレイな状態で使いたい方におすすめの製品です。

アルミニウムタイプ スペック詳細

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 02

まずはアルミタイプのスペックをご紹介。カラーリングは以下の4種類が展開されています。私は高級感のあるゴールドをセレクト。

ブランド Satechi
重量 351g
サイズ (幅)240mm(奥行き)190mm (厚み)5mm
材質 アルミニウム
カラー シルバー・スペースグレイ・ゴールド・ローズゴールド

アルミニウムタイプ 外観細部

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 03

アルミニウムタイプは厚みが5mmもありガッシリとしていて重厚感があります。縁の部分は角が斜めカットされ鏡面加工もほどこされていてます。金属素材にありがちなバリは一切感じません。

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 04

こちらはマウスパッドの裏面。四隅には直径2cmのゴム製の滑り止めが貼り付けてあります。このゴム足のおかげでパッドがズレることは、ほぼ皆無。

私が以前に購入した土屋鞄のマウスパッドミカサレザーのデスクマットは裏面に滑り止めが無っかたのでノンスリップマットを下に轢いています。でも、こちらの製品では、そんな必要が無いのが嬉しいところ。

ちなみにSatechiさんのアルミ素材の製品ではゴム足の取り付けに秘密があります。実はゴム足を取り付ける部分のアルミ板が削り出されていて凹んでいるんです。凹んだ所にゴムパッドが貼られているので、ゴムパッドが剥がれてしまったりズレてしまうのを防止しています。

こういった細かいところまで行き届いてる点はメーカーとしてのプライドを感じます。

『同じ凹み加工されたSatechiのアルミ製品 その1』

『同じ凹み加工されたSatechiのアルミ製品 その2』

アルミニウムタイプのマウスパッドはデスク周りをクールにキメる

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 05

実際に作業机に置いてみました。とりあえずミカサレザーのデスクマットの上に置いてみましたが、オレンジのマットとゴールドのマウスパッドの組み合わせって意外に合うんですね。

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 06

でも、デスクマットの上にマウスパッドを置いて使う人はいないと思うので次はマットを取り外してみました。真っ黒な机は個人的に、あまり好きではないのですが、ゴールドのマウスパッドを置くと逆にコントラストが出てめっちゃクール

隣にあるAppleのWirelessキーボードとの相性もバッチリです。

アルミニウムタイプの使用感 『マウスカーソルの動きが早い!!』

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 07

クールなマウスパッドですが、実際にマウスを動かした時の感触はどうなのかもレビューしておきます。金属製のマウスパッドということもありポインタ飛びを心配しましたが、テスト中に、そういった傾向は見られず正確に行きたい場所へ移動できました。

特筆する点は革のマウスパッドや直接、机の上でマウスを操作した時とは違い非常にキビキビとした動きになっていることです。動かしたいポイントへサッと移動できる感じと言えば判ってもらえるでしょうか。

マウスの軌跡の速さ設定(テスト時は10段階中9へ設定していました)によっても変わってくるでしょうが、他のマウスパッドとは明らかに動きが違います。ポインタをキビキビ動かしたい方には向いているマウスパッドだと思いました。

良いことだけでなく気になった点も一つ挙げておきます。それはマウス移動時の摩擦音。普段、私が使っているのはAppleの初代マジックマウスですが、プラスチックとアルミニウムが擦れる音が少々、うるさく感じます。

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 08

マウスとマウスパッドの相性が悪いのかと考え、試しにLogicoolのワイヤレスマウスに変えてみるとマジックマウスよりはグッと摩擦音が小さくなりました。硬いアルミニウム素材とあって使用するマウスによって摩擦音の大きさは変化しそうです。

摩擦音が気にならずデスクトップまわりをクールに決めたい。マウスポインタをストレス無くキビキビ動かしたいといった点を重視される方に向いている製品ではないでしょうか。

お洒落で暖かみのある『Satechi Ecoレザー マウスパッド』をレビュー

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 09

Ecoレザータイプはアルミニウムタイプとは打って変わって落ち着いた質感が特徴です。フェイクレザーですが、ぱっと見は本革のようで触れた感じはしっとりとしていて心地良い。

アルミ素材の製品はMacとの相性が良く統一感を出せますが、逆に自然の風合いを持ったアイテムと組み合わせるのも面白いと思います。

Ecoレザータイプ スペック詳細

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 10

Eco(エコ)レザーというと日本の規格では有害物質を含まない天然皮革のことを指すのでネーミングからすると本革かと思ったのですが、こちらの製品は合皮が使われています。日本と海外では規格が違うのかもしれませんね。

カラー展開は下記の3種類になりますが私は、より暖かみを感じる茶色をセレクト。

ブランド Satechi
重量 166g
サイズ (幅)250mm(奥行き)180mm (厚み)5mm
材質 Ecoレザー(合成レザー・防水)
カラー ダークブルー・黒・茶

Ecoレザータイプ 細部をチェック

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 11

マウスパッドの隅っこを拡大してみました。Satechiのロゴは刻印風に窪んでいます。変にプリント(印刷)などされていると、せっかくの本革のような風合いを崩してしまうところですが、そういった点はキッチリと抑えていますね。

SatechiのEcoレザーは合成レザーでありながらシボ感もあり非常に精巧に作られています。下に轢いている本革のミカサレザーのデスクマット(オレンジの部分)と見比べてもらえば、その精巧さは判ってもらえるのではないでしょうか。

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 12

こちらはマウスパッドの裏面の拡大写真。裏面全体には六角形のディンプルのような滑り止めが貼られています。滑り止めのおかげでマウスの操作でパッド自体が動くことはありませんでしたが、アルミタイプと比べると少しだけ滑りやすい気がしました。

おそらくアルミタイプのマウスパッドの方が重量が2倍あるので、重みの分だけ摩擦係数が高くなるのかもしれません。あくまでアルミタイプのマウスパッドと比べて滑りやすいと言うだけで、普段使いでストレスを感じることは無いと思います。

Ecoレザーはデスク周りをおしゃれにキメる

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 13

アルミタイプはクールという表現をしましたが、こちらはシックな大人の雰囲気です。この写真でも本革のデスクマットの上に置いていますが、これはこれで良い感じ。

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 14

でも、やはりデスクマットの上にマウスパッドを置くのは気がひけるのでマットを取り外してみました。茶色いマウスパッドも黒いデスクに映えますね。おしゃれなデスクは見ているだけで気持ちを高揚させてくれて作業もはかどりそうです。

Ecoレザータイプの使用感 『マウス操作はスムーズ!!』

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 18

では実際の使い心地はどうなのでしょうか? 手が触れた感触はしっとりしていますが、マウスの滑りは良くマウスカーソルもスムーズに動かせます。アルミタイプはキビキビ動くという表現をしましたが、こちらは滑らかに動く感じです。

ポインタ飛びも無く行きたい場所に正確に動かせます。土屋鞄のマウスパッドミカサレザーのデスクマットで動きの差を比べてみましたが、殆ど差を感じませんでした。

マウスを乗せるだけじゃもったいない コースターとしても使ってみた

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 15

私はよく机で作業しながらコーヒーを飲むことが多いのですが、マットの上にコップを置くことはできません。なぜなら本革のマットは水に非常に弱く、ちょっとした水滴が付いただけでもシミになってしまうことがあるから。

大抵の場合はスターバックスのゴム製のコースターを使っていますが、ちょっと小さいので試しにSatechiのマウスパッドを代用してみたら意外に丁度良い。

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 16

本来の使い方ではないけど見た感じは、めっちゃお洒落。アルミと合成レザーの素材を使ったマットなので汚れても簡単に拭き取れるし、こんな使い方も有りではないでしょうか。

クールにキメるか? おしゃれににキメるか? 貴方ならどちらを選ぶ?

0196 Satechi Mouse pad Aluminum EcoLeather 17

マウスパッド2種類ついてレビューさせてもらいましたが、いかがだったでしょうか? SatechiのマウスパッドはアルミニウムとEcoレザーの2つの素材から選べ、更にカラーバリエーションはアルミニウムでは4種・Ecoレザーは3種もあるので自分の部屋や机の雰囲気に合わせることもできそうです。

『机まわりが殺風景だな』とか『パソコンデスクをお洒落にしたい!!』『でも手入れや掃除はしたくない』という方にはオススメのアイテムです。気になる方は是非、チェックしてみてはいかがでしょうか。

次の記事を読むならコチラ!!  パソコンスタンドで机をお洒落に整理する 『Satechi アルミニウム スタンド』

0193 Wide desk available Satechi aluminum vertical lap stand 01

同じSatechiさんのアイテムでノートブックスタンドを使って机を整理する記事について書いていますので、良かったら読んでみて下さい。

関連コンテンツ

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

COMMENT ON FACEBOOK