Active 4 私が気になるモノや場所を徹底的に紹介するブログ

Apple・革製品(GANZO)・ファッション・車・珈琲・スタバ・レジャースポットを徹底的に紹介するブログ

[0207] MR2補完計画 『その5』ステアリングをワンタッチで着脱できる WBラフィックス2取り付け方法

 2019年5月12日
約 10 分

ステアリングをワンタッチで着脱できるWB ラフィックス2

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 01

みなさん。こんにちは。leon(@leon_sk4_22)です。最近、ボスの外側のプラスチック部分が割れてしまいステアリングを回すとカラカラ音がするようになってしまいました。新しいボスを購入するか迷いましたが、せっかくなので以前から気になっていたワークスベルのラフィックス2へ仕様変更することに。

実は今後、内装を弄る画策をしているのですが、タイトなMR2のコクピットでオーディオ機器やメーターの取り外しをする度にステアリングを外すのも面倒。でもラフィックス2なら簡単に着脱できて作業スペースを作ることが出来ます。このメリットはかなり大きいと考えました。

今回は備忘録も兼ねてラフィックス2の取り付け方法についてご紹介させていただきます。

ラフィックス2の取り付けにはショートボスも必要?

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 02

ラフィックス2を装着する際は同社から発売されているショートボスが、お勧めです。理由はラフィックス2を装着するとステアリングが手前に近づいてしまうから。

ラフィックス2は大きく分けるとアダプタとソケットで構成されています。アダプタ側はステアリングに装着され、ソケット側はボスを通して車両側に装着されます。

普通は『ステアリング』⇔『ボス』⇔『車両』という形で装着されているのに対しラフィックス2を取り付けると『ステアリング』⇔『アダプタ』『ソケット』⇔『ボス』⇔『車両』という形になり約6cmステアリングが手前に近づいてしまいます。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 03

そこでワークスベルから発売されているショートボスの登場です。このボスは通常の製品よりもショート加工されている為、ステアリングが手前に来るのを防いでくれます。

メーカ車種別適合品番確認 適合表ダウンロード
ラフィックス専用ショートボス 国産車用・適合表
ラフィックス専用ショートボス 輸入車用・適合表

メーカーHPにて確認すると私のMR2に合う品番は『520S』だということが判りました。通常ボスだと63mmのところショートボスを使えばマイナス34mmダウンで取り付けが可能なようです。まあ、それでも29mmは手前に近づいてしまうのですが…

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 04

¥15,000とボスの金額としてはかなり高額ですが、今後の操作性や扱いやすさを考えると背に腹は代えられませんのでラフィックス2と一緒に購入。

ショートボス 『520S』開封 製品の中身と添付品の確認

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 05

製品の添付品を確認すると入っていたのはショートボス本体・ホーン接続ケーブル・取り付けネジ(2種)・取り付けナット・バネワッシャ・ネジ取り付けに仕様する六角レンチ。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 06

ネジを取り付ける部分に△の刻印がされていますが、これはステアリングのセンター出しの為のマーク。この三角マークを12時の方向に取り付ければセンターの位置を合わせられるようになっています。

赤いペイントはSUPER HAICAS装着車の場合に使用するマークらしいですが、MR2の場合は関係ありません。

ラフィックス2開封 製品の中身と添付品をチェック

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 07

ラフィックス2にはシルバー・ブラック・レッド・ブルー・オレンジと5種類のカラーバリエーションがあります。私はインテリアを赤で統一したかったので迷わずレッドを選択。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 08

箱の中身はアースリング2枚・アダプタ・ソケット(写真では合体しています)・取り付けボルト・証明書・説明書(2部)。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 09

こちらはアダプタとソケットを外した写真。ソケットから出ている2本のケーブルは装着される際にホーン信号とアースへ接続する構成。ちなみにアダプタとソケットの接続部分には金属の接点があり、その接点を通してホーンを鳴らせるようになっています。

アダプタへステアリングを取り付ける

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 10

まずはアダプタにステアリングを取り付けていきましょう。最初にアダプタの上にアースリングを載せます。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 11

黒ケーブルはアースリングへ接続して、赤ケーブルはホーンへ接続というのが普通の取り付けなのでしょうが、私の使っているATCのホーンボタンは少し違うようです。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 12

ホーン側にもアースケーブルがある為、こちらもアースを取る必要があります。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 13

ホーンボタン側のアース信号ケーブルは共締めしてアースを取ります。何かホーンボタン側のケーブルが長いのでゴチャゴチャしてしまいました(汗)。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 14

上からホーンプレートを被せボルトを取り付けます。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 15

これでステアリング側は準備完了。

ショートボスの取り付け

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 16

上の写真はステアリングとボスを取り外した状態です。センター位置が判らなくなると困るので前輪を真っ直ぐにした状態でステアリングシャフトの12時方向に赤のマジックでマーキング。

もう一つ確認しなければならないのがシャフトの外周にある2つの白いピンの存在。これはボス取付時の位置決めピンだと思われます。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 17

ショートボスの裏側を見ると複数の穴が空いています。この赤い◯印の穴に位置決めピンに合わせておかないとステアリングを切り戻したあとにウインカーが自動で戻らなくなってしまいます。

もしボスを交換してからウインカーが自動で戻らなくなってしまったという方は、このピンとボス穴がきちんと噛み合っているか確認してみてください。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 18

横から見ると穴の位置が判りづらく、ちゃんと入っているか判断出来ないので側面にマスキングテープを貼り確認しながら装着。

ちなみに私はステアリングシャフトのセンター位置を合わせると位置決めピンがずれてしまい、ピンに合わせると今度はセンター位置に合わせられないという無限ループにはまりました。でも実は上の動画のように位置決めピンの部分は回転できるようになっているんです。これに気付かず2日ほど悩みました(汗)。

※車種やエアバックの有無により構造は異なると思われます。また整備手帳を見ながら作業しているわけではありませんので、あくまでも参考程度に。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 19

ホーンケーブルをコネクタへ接続してボスの横に開けられた穴から内側へ通します。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 20

軸にワッシャをかませ、ナットを締め込みます。ちなみにナットのサイズは17mm。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 21

余談ですが、私のMR2の場合はシャフトのマーキングとボスの△マークを合わせると真っ直ぐ走らず左に寄ってしまう為、本来の位置よりも一山、左にズラして取り付けました。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 22

センター出しが終わったらナットの締め込みを行います。メーカーの規定値の3kg・m(29.42ニュートン)で締める為にトルクレンチを使用。ナットを締めようとするとステアリングシャフトが一緒に回ってしまうので、一度、予備で持っていた青SPRINT(ステアリング)を取り付けて、友人に持ってもらい締め込みました。

規定値以上で締め込むとボスや車両部品が破損する可能性があるので、必ずトルクレンチを使用しましょう。私は作業のためアストロプロダクトのトルクスレンチを購入しました。

ソケットの取り付け

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 23

ボスの取付けが終わったところで、次はソケットを装着します。ボスとソケットの間にアースリングをかませ、黒ケーブルをアースリングへ赤ケーブルはホーンケーブルへ接続。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 24

ボス同様ソケットにもセンターマークがありますので同じ位置に合わせ銀色のボルトで締め込みます。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 25

最後にボス添付のボスカバーを被せてあげれば車両側は完成です。

ワンタッチで脱着できるラフィックス2は作業でも掃除でも活躍できてメッチャ便利

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 26

実際に使ってみて簡単にステアリングが脱着できるというのは、いろいろな点で便利に感じます。私は付けていないですがロールバーやバケットシートをいれているとステアリングが邪魔になって乗り降りがしにくいですが、ワンタッチでステアリングを外せれば、そのストレスから開放されます。

私の場合は、どちらかいうと遠出をして休憩や仮眠を取りたいというシーンなどで圧迫間を感じず休むことが出来る点が嬉しい。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 27

また運転席まわりをいじる時にステアリングがあると邪魔ですが、ワンタッチで取り外してしまえば作業効率が、かなりアップします。それに掃除をする際や、ちょっとメーターの写真を取りたいという場合にも役立ちそう。ここら辺はあまり需要は無いかもしれませんが(^^;)

※上記写真のメーターパネルのアレンジについては近日公開予定。

WB ラフィックス2とショートボスの気になる点

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 28

良い点だけでなくデメリットについても少し触れておきます。ショートボスを使用しているとはいえラフィックス2が付いた分、ステアリングが運転手側に近づいてしまします。私の2型MR2はテレスコピック機能があるので多少は前後の調整ができますが、この機能の無い3型以降は厳しいかも。

またステアリングとウインカーレバー・ワイパーレバーが遠くなるのでステアリングを握りながらの操作は出来ず、手を一旦離してレバー操作する必要が出てきます。

ウインカーレバーについてはアダプタをかませてステアリングの近くで操作できるようにするキットが販売されているので、この商品を使うのも手かもしれません。

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 29

ショートボスをよく見ると数センチの空きスペースがあります。もしかしてMR2に合わない品番のボスを購入してしまったのかと思いメーカーに問い合わせをしましたが、間違いでは無いらしい。

品番『520S』はMR2の専用設計ではなく、セリカやカムリ・サイノス等で使用できるようになっている為、多少の誤差が出てしまうとのこと。この分短ければ少しでも調整幅が広がると思うのですが、どうにかならないんですかね。

ボスよりもカバーが短く中が見えてしまっているのが非常に残念。この短いカバーがフィットする車種もあるのでしょうが、はみ出てしまう車種に合わせてくれれば嬉しかったです。長い分には切ることができますが、短いとどうしようもないので…

メリット・デメリットあるけど結局はおおむね満足(^^)

0207 MR2 Works Bell Rapfix2 installation method 30

一部、気になる点はありましたが、結局は満足しています。製品にはメリット・デメリットがトレードオフの部分もありますしね。何かとステアリングが邪魔になって困るという方はチェクしてみてはいかがでしょうか。

ワークスベルのHPを見ると最近はショートボスのワンオフ作成もしているらしいので、『520S』のさらなるショート化とか可能なのか聞いてみようかななんて思っています。でも、こちらのショートボスはお高いので、さらに追加で購入となると勇気がいりますが(^^;)

次の記事はメーターパネルのアレンジについて紹介!!

[0208] MR2補完計画 『その6』CYBER STORKでメーターパネルを現代風にカスタマイズ!!

関連コンテンツ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK