Active 4 私が気になるモノや場所を徹底的に紹介するブログ

Apple・革製品(GANZO)・ファッション・車・珈琲・スタバ・レジャースポットを徹底的に紹介するブログ

[0208] MR2補完計画 『その6』CYBER STORKでメーターパネルを現代風にカスタマイズ!!

2019年5月12日
約 6 分

MR2のメーターパネルを現代風にアレンジしたい!!

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 01

みなさん、こんにちはleon(@leon_sk4_22)です。前回は内装まわりを弄る為にワークスベルのラフィックス2の取り付けを行いました。

[0207] MR2補完計画 『その5』ステアリングをワンタッチで着脱できる WBラフィックス2取り付け方法

今回はメーターパネルのお話です。MR2(SW20)の初期モデルが販売されたのは1989年のこと。開発はさらに前になるのでメーターパネルのデザイン設計は30年以上前のモノ。このパッとしないメーターパネルを自分の好みにカスタマイズできるCYBER STORK(サイバーストーク)という製品で、現代風にアレンジしたいと思います。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 02

CYBER STORK(サイバーストーク)では、メーターゲージの色を変更したり、ベゼルに別の材質のカバーを被せイメージをガラリと変えることが出来ます。

本当はメーターゲージを白にしたかったのですが、あいにく私はスピードメーターを260km/hへ変更している為、目盛りの数が合わなく断念。代わりにベゼルをピアノブラックにゲージ周りはシルバーリングで彩ってみます。

メーターをアレンジするなら透明カバーも一新したい

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 03

メーターを覆う透明カバーは長年の使用で小さな傷がたくさん入り透明度が落ちて古ぼけた印象を与えています。せっかくメーターを現代風にアレンジするなら、メーターを覆う透明カバーもキレイにしようと考えました。

最初はオメガスピードマスターのプラスチック風防の小傷を消せるサンエーパールを使ってみようかと思いましたが、やるとなると大変そう(汗)。もしかしたらトヨタ共販へ行けば新品が出るかもしれないので行ってみることに。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 04

すると驚くことに、まだ部品(品番83138-17030)がありました。金額は¥3,000くらいだったと思います。これでリニューアルに必要な部材は揃いました。次項からメーターの取り外しについて詳しくご紹介していきます。

シフトまわりのカバーの取り外し方法

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 05

メーターパネルの取り外しをする際は、その前に『シフトまわりのカバー』 → 『ステアリング下側のカバー』 → 『インパネ』の順番で外していく必要があります。ちょっぴり長い道のりですが、順を追って説明ていきます。まずはシフトノブを反時計回りにクルクルと回します。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 06

 次にシフトブーツを外します。こちらのカバーは前後に2本ずつツメがあるので引っ張れば外せます。ちなみに旧車になると経年劣化でプラスチックが硬化してきて粘りが無くなっています。力を入れすぎると破損させてしまうので、少しずつ揺さぶりながら外していく方が無難。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 07

灰皿をカパッと外します。こちらはただ置いてあるだけなのでツメはありません。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 08

灰皿をどかすとネジが2本挿してあるので外します。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 09

シフトブーツカバーを外します。左右の前後に4箇所のツメがあるので、こちらも少しずつ力を入れて外します。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 10

取り外せました。ちなみに四隅の四角い穴がツメが挿さっている場所です。

ステアリング下側にあるカバーの取り外し方法

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 11

シフトまわりの次はステアリングの下回りのカバーを取り外していきます。このカバーはネジ4箇所とツメで固定されているので、それらを外します。1つ目のネジはシガーソケットの下に、写真はありませんが、さらにその2〜30cm下に2つ目のネジがあります。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 12

3つ目はホグランプ連動スイッチの丁度上あたり。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 13

最後の一個はボンネット開閉レバーの上にあります。4つのネジを取り外し手前方向へ引っ張るとツメが外れてカバーを外せます。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 14

ただしシガーソケット下にあったネジの裏側にホースがネジ止めされているので、こちらも取り外す必要があります。上の写真はホースから一旦ネジを取り紛失防止で元の位置に戻した画像。

ホースが付いている状態の写真を撮っていませんでしたので、代わりにこの写真を載せておきます。判りにくくて申し訳ありません。

インパネの取り外し方法

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 15

ステアリングの下側のカバーを外した後はインパネを取り外します。まずはシガーソケット辺りのカバーとメーターの隙間に指を入れて手前に引きます。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 16

ある程度ゆるんだらインパネのとダッシュボードの境界線に指を入れて徐々に外していきましょう。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 17

インパネを数センチ手前に引き出せたらハザードスイッチとシガーソケットのコネクタを外します。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 18

この写真は助手席方向から見た画像。コネクタが2本接続されているのが判るでしょうか? 上側がシガーソケットのケーブルで下側はソケットリングのイルミネーションランプのケーブルです。こちらを取り外します。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 19

こちらはインパネを上から覗き込んだ画像。ハザードスイッチのコネクタを取り外します。これでインパネはフリーになるので取り外すことが出来ます。

メーターの取り外し方法

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 20

ここまで来ればもう少しです。まずは緑の◯で囲んだネジを取り外します。次にメーター上部にあるカバーを取り外しましょう。矢印の位置にツメがあるので、下側に揺さぶりながら外していきます。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 21

はい。取り外せました。上カバーを取り外した後、赤い◯で囲んだネジを外せばメーターはフリーになります。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 22

メーターの左側から手前に引き出していき裏側に挿してあるコネクタを3つ抜きます。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 23

長い道のりでしたが、やっとメーターが取り外せました。所要時間は15分〜20くらいでしょうか。メーターの裏には、かなりの空間がありますので、ETC・ドライブレコーダー・ナビのアンテナケーブル等を通すには都合が良さそう。

この空間は後で利用させてもらうとして次は、いよいよCYBER STORKのメーターパネルを付けていきます。

CYBER STORK取り付け

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 24

ベゼルはメーターゲージや警告灯の部分がくり抜かれた構造になっています。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 25

こちらはメーターゲージのまわりを彩るシルバーリング。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 26

イメージ的にはシルバーリングをベゼルに貼り付けメーターパネルへ載せるだけの簡単な構造。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 27

メーターから透明カバーのツメを解除し外してからベゼルとシルバーリングを取り付けるのですが、残念ながら写真がありません(汗)。本来、ピッタリとハマるはずのベゼルの横幅が1cmほど大きく、ヤスリで削ることに夢中になり撮るのを忘れていました。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 28

サイズさえ合ってしまえば、あらかじめ貼られている両面テープでベゼルとシルバーリングを貼り付けるだけなのでご勘弁を。

走る気持ちを高揚させてくれるCYBER STORKメーターベゼル

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 29

取り付けて見るとノーマル状態とは違いスポーティな印象に変わりました。メーターを見ているだけで走る気持ちを駆り立てられるような気がします。

0208 Arrange MR2 meter panel with CYBER STORK 30

ドライブ中に一番目に付くメーターパネルのアレンジは走る楽しさを一層盛り上げてくれるので旧車に乗っているオーナーさんには是非、オススメしたいアイテムです。

しかしながら現在、CYBER STORKのHPを覗くとメーターパネルの販売は終了しているようです。確かに最近の車であればメーターパネルも初めから凝ったデザインも多いのでビジネスとして成り立たないのかもしれません。

でも、旧車を今でも大切にしているオーナーさんからは喜ばれるアイテムだと思うので是非、再販してもらいたいです。もしオークション等で見かける事があれば、購入する価値のある商品だと思いますので、気になる方はチェックしてみてください。

関連コンテンツ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK