Active 4 私が気になるモノや場所を徹底的に紹介するブログ

Apple・革製品(GANZO)・ファッション・車・珈琲・スタバ・レジャースポットを徹底的に紹介するブログ

[0192] iPhone X 純正 レザーケースのお手入れ エイジング(経年変化)を楽しむ前にしっかりメンテナンス!

約 6 分

Apple純正レザーケースを永くキレイに使うにはお手入れが必須!!

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 01

みなさん、こんにちは。leonです。前回はApple純正レザーケースについて徹底的にレビューさせていただきました。

【参考記事】[0191] iPhone X用 Apple純正レザーケースを徹底レビュー!! 装着感がハンパなく凄い!!

徹底的にレビューしたのですが、もうひとつ書きたい事がありました。それはレザーケースのメンテナンス(お手入れ)について。

革製品を使い始める前のお手入れの必要性については下記参考記事にも書いていますので良かったらどうぞ。

【参考記事】[0118] 革靴を長く履く為のコツ 新品の時にもシューケアが必要?

今回の場合は新製品のiPhone X用のレザーケース。製造されてから長い時間は経過しているとは思えないのでオイル切れは無いと予想されます。でも革の表面が乾燥していなくても使用前にオイルを塗ってあげた方が良いに越したことはありません。

使い始める前に、しっかりとお手入れしておくと革の表面がオイルでしっとりしてキズや汚れ雨などから守る効果も期待できるからです。

お手入れに使うのは革への浸透力の高いコロニル DIAMANT

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 02

レザーケースのお手入れに使用するのはドイツ・ザルツェンブロット社製の『コロニルのDIAMANT』という保湿クリーム。美容液にも使用されているシダーウッドオイルやラノリン等の天然オイルを配合していて革への浸透力が高く、ちょっとした防水効果もあるのが特徴。

また有機溶剤が使用していないので嫌な匂いは無く、むしろシダーウッドの香りを楽しみながらレザーのお手入れができるので私的には超オススメ製品です。

現在は廃盤となり入手はできませんが、フッ化炭素樹脂を配合し撥水効果のある『1909 シュプリーム』という新製品が出ているので興味の有る方はどうぞ。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 03

今回、使うDIAMANTはカラーレス(無色)のタイプ。着色されたオイルも販売されていますが、下手に使うと衣服に色移りする可能性もあるので無色のモノを選びました。

ちなみに革によってはDIAMANTを使用するとクリームが白く残る場合があります。オイルケアに自信が無い方や塗る手間を掛けたくない方は、簡単に保湿・保革の栄養を与えられるスプレータイプを使うと良いかもしれません。以前にスプレータイプを使用したムートンジャケットのメンテナンス記事も書いているので良かったら読んでみて下さい。

【参考記事】[0140] アヴィレックス フライトジャケット B3のお手入れ&保管方法

カラーレスのDIAMANTは柔らかい杏仁豆腐のような感じ。実は今回使う、この保湿クリームは長期間ストックしていたので製造から5年も過ぎていました(汗)不安になりながら瓶を開封してみると新品のような状態を保っていたので今回は、そのまま使用してみることに。

※後で調べたところコロニルの製品の消費期限は約10年なので、5年保管なら全く問題ありませでした。

レザーケースのお手入れ方法は指で直接、塗り込む

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 04

私の最近の革のメンテナンスは布やブラシを使わず、指や手のひらを使って直接、塗り込む方法。指を使ったお手入れはオイルの量や革への染み込み具合が判りやすく慣れてくると布やブラシを使うよりも塗りやすいんです。

これは靴磨きのプロである『靴みがき本舗さん』でも行っていた塗り込み方で、その施工方法を参考にさせてもらいました。

【参考記事】[0119] プロの技術で革靴をピカピカに!! 新橋駅 『靴みがき本舗』に行ってきた。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 05

指でオイルをすくいあげたら他の指とこすり合わせて馴染ませます。布やブラシにオイルを付けた時ってオイルの分量が判りにくいのですが、指先なら感触でオイル量を掴みやすい。

ちなみにクリームの塊ごと革表面に付けてから伸ばしてもムラにならない革もありますがヌメ革などはオイルの水分で部分的に色が変わってしまうことがありますので注意が必要です。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 06

指の腹の部分でオイルが均一になったらレザーケースに塗り込んでいきます。よく『目立たない場所で色が変わったりムラにならないか試してから全体を塗りましょう』みたいな事を聞きますが、どの場所に塗っても目立ちそうなので気にせず塗ってしまいました。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 07

オイルは指先で十分に伸ばしているので、それ自体が塗りムラを防止することに繋がっています。

それにしてもコロニルのDIAMANTは浸透性が高く革にスーっとオイルが染み込んでいく感じで何とも言えず心地良い。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 08

裏面全体を塗り終えたら角や縁も丹念に塗り込みましょう。他の方の経年変化(エイジング)結果を見ると、この角・縁部分が一番、色の変わりやすい場所のようです。やはりよく触れる場所・擦れる場所というのが一番、変化しやすいので薄く何度も塗り重ねておくのが効果的。

革の表面に付いた余分なオイルを馴染ませる

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 09

次に指を素早く動かし摩擦熱を利用してオイルを暖めて浸透力を高めます。この時、力を入れてこすらないのがコツ。この作業の時点では多少の塗りムラというか拭きムラが残っています。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 10

最後の仕上げは柔らかな布で余分なオイルを均一にならしてあげましょう。これで余分なオイルが拭き取れ塗りムラを抑えることができます。以上で使用前の準備は完了です。

オイルメンテナンス後の革の表面をチェック 

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 11

オイルメンテナンス後の革のチェックしてみましょう。ぱっと見では、あまり変化がありませんが、心なしか艶やかな感じになりました。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 12

コロニルのDIAMANTはピカピカに輝く類の保湿クリームではなく、あくまで自然で薄っすらと油脂のベールで包み込むようなオイルです。オイルメンテナンスによってApple純正の持つナチュラルレザーの風合いを損なうことはありません。

0192  iPhone X Apple Leather Case Care Collonil Diamant 13

改めて手で触れてみると指にしっとりと馴染み良い感じになりました。本来、iPhone本体を守る為に作られたケースですから汚れやキズが付くのは仕方が無いことですが、薄汚れた感じにならないように、しっかりとメンテナンスしていきたいと思います。

革製品はお手入れが大変ですが、自分なりのメンテナンス方法でこれから、このレザーケースがどう育っていくのか楽しみが一つ増えました。

今後は月に一度くらいのメンテナスを行っていき経年変化(エイジング)を報告させていただく予定です。

関連コンテンツ

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK