Active 4 私が気になるモノや場所を徹底的に紹介するブログ

Apple・革製品(GANZO)・ファッション・車・珈琲・スタバ・レジャースポットを徹底的に紹介するブログ

[0085] STARDOM iTANK i310 HDD実装&交換方法

2019年7月15日
約 8 分

STARDOM iTANK i310の外観をチェック

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 01

みなさん。こんにちは。leon(@leon_sk4_22)です。 前回はディーガの内蔵HDDの空き容量を補う為にPC用のSTADOM iTANK i310を使ってみようという記事を書かせてもらいました。

【参考記事】[0084] 簡単交換 パナソニックDIGA (ディーガ)の外付けHDDにはSTARDOM iTANK i310が超オススメ!!

今回は i TANK i310本体の外観チェックとHDDの実装&交換方法について紹介していきます。購入前は気付きませんでしたが、改めて横から見るとかなり奥行きがありますね。おそらく装置の後方部に制御基盤やインターフェース基盤を集約させているから、このような形になっているものと思われます。

その代わりに横幅や高さは3.5インチHDDを数ミリ大きくした程度なので非常にコンパクト。ボディにはアルミ素材を採用していてるので作りはしっかりしています。またアルミのボディは溜まった熱を放熱もしてくれる効果もあるため冷却ファンは存在しません。そのおかげでHDDの回転音意外には雑音が入り込まないというのも利点の一つといえます。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 02

電源スイッチや接続するインターフェースは装置の後面になります。私が購入したのはe-SATAとUSB3.0の2種類を装備したモデル。以前はFirewire 800が付いているモデルもあったのですが、残念ながら現在では廃盤になっています。i TANK i310はインターフェースが異なるモデルが、いくつか販売されています。でも接続できるケーブルは全て添付されてきますので、購入した当日から使い始められるのも嬉しいところ。

今回のモデルの場合はe-SATAケーブル・USB3.0ケーブルが各1本と電源ケーブル(ACアダプタ)が付属されてきました。

2019年追記 現在はついにUSB 3.1 TYPE-Cモデルが販売されています

i TANK i310のHDDドライブの交換方法

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 03

私が購入を決めた一番の理由はスロットインでHDDを簡単に交換できる点です。まずは、その方法について見ていきましょう。ケースの前面には2つの丸い穴が空いています。上側にあるのはアクセスランプ。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 04

下側の穴は付属のイジェクトピンを差し込むことでロックを解除する仕組み。ピンを差さなければイジェクト出来ないので誤ってHDDが抜けてしまうことはありません。

ワザと一手間かけさせる事により誤操作によるデータ消失の可能性を防止しています。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 05

ピンを押し込むとディスクトレイのレバーがピョコンと手前に飛び出してきます。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 06

さらにレバーを倒していくと数センチほどHDDが手前に出てきます。あとはレバーを掴んで引き出してあげれば

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 07

HDDの取り外しは完了です。取り付け方法は逆の手順でレバーを広げた状態で装置本体にHDDトレイを挿入してレバーを押し込むと、テコの原理でカチッとロックされます。

HDDドライブの取り付け方法

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 08

i TANK i310は自分の好きな銘柄のHDDを取り付けられるのがメリットの一つですが、剥き出しのHDDを直接、接続は出来ません。まずはトレイにHDDを取り付ける必要があります。作業は少しだけ手間ですが、一度、取り付けてしまえば、その後はスロットインで簡単に交換できるようになるので、ここだけは我慢してください。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 09

写真でいうと左側にインターフェースが来る向きでHDDをスロットに置き矢印方向へスライドさせていきます。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 10

こんな感じです。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 11

奥までスライドさせたらスロットの両脇にあるアームへHDDをネジで固定します。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 12

ネジの位置は片側のアームにつき3ヶ所となりますが、両端の2ヶ所だけ固定すれば十分だと思います。ここはお好みでどうぞ。反対側のアームも忘れずにネジで固定してください。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 13

HDDをスロットに固定できました。今後はHDDケースに実装する時も保管ケースへ入れる際もこの状態のままとなります。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 14

ちなみにスロットに固定されたHDDを裏返すと、このような状態。スロット後面にはインターフェース基板が確認できます。最初はネジで固定する必要があり少し手間ですが、その後は簡単に入れ替えができるようになるのでとても便利。

取り外したHDDは専用ケースできっちり保管

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 15

STARDOMのHDDケースを選んだ2つ目の理由がHDDを入れるTrayBox(保管ケース)が別売りで購入できることです。HDDを購入した時に同じメーカーのものであれば梱包箱も同じなので、その箱で保管をすれば良いのかもしれません。でも別のメーカーのHDDを購入した際は梱包箱のサイズも違えばデザインも違うのでキレイに並べておいても散らかった感じになってしまいます。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 16

でも専用の保管ケースを追加していけるSTARDOMならデザインもサイズも同じなので整然と並べておくことができます。ケースはプラッスチック製でHDDをホコリや衝撃から守れ縦にしても安定感があるので本棚に並べているDVDやBDソフトと一緒に立てて置いておくことも出来るのでとても便利。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 17

TrayBoxセットを購入すると専用のプラスチックケースの中にトレイが同梱されてきます。

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 18

付属品としてHDDをトレイに固定するネジとイジェクトピンが付いてきますので、HDDさえ用意すればすぐにでも使い始めることができます。0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 19

HDDを保管する時はこのような感じになります。HDDに固定されたレールを5つのツメ(反対側のツメは2つ)できっちりロックしますので簡単に外れてしまうことはありません。その代わりにツメが多いので外す時に少し手間に感じることもありますが、慣れてくればどうということはありません。

ちなみにトレイのカラーリングがブラックの製品もありますので、お好みで選んでいただければと思います。私はいつもシルバーを購入しています。

ディーガ用外付けHDDにiTANK i310を使うメリット

0085 STARDOM iTANK I310 HDD replacement method 20

今回、人柱になるつもりでiTANK i310を購入してみましたが、今のところ問題は起きていません。(2019年に記事を追記していますが今現在一切問題無し)メーカー推奨品ではありませんので絶対、安心とは言えませんが私的には大丈夫だと考えています。最後にメリットがたくさんあったので、まとめてみました。

  • 少スペースなので場所をとらない。
  • 前面からHDDにアクセスできるので交換が簡単にできる。
  • 別売りだが、専用のHDDトレイとケースのラインナップがあるので保管に困らない。
  • 内蔵HDDを自分の好みのメーカーの物で揃えられる。
  • HDDを増設して行く際に3.5インチHDDのみを購入するだけなのでコストパフォーマンスが高い。

よく考えてみるとiTANK i310を使うことのメリットが、逆にメーカー推奨品のデメリットになっています。最後のコストパフォーマンスですが、8台まで増設したとして計算してみると、その差は37,530円になります。

推奨品2台分が浮くことになります。

金額も安く済ませられて、そのうえ専用ケースに入れて整然と並べておけるi TANK i310の方が断然、お得だと思いますが、みなさんはどうお考えでしょうか。人それぞれ考え方はあるでしょうが、私のオススメはi TANK i310で決まりです(^^)

下記は、2019年4月時点でのAmazonでの価格をもとに、参考として記載しておきます。

【i TANK i310の場合】

品名

必要個数

単価 合計
i TANK i310本体 1台 ¥7,830 ¥7,830
i302 TRAY BOXセット 8個 ¥2,970 ¥23,760
HDD(WesternDigital 3TB Blue) 8台 ¥8,705 ¥69,640
合計金額   ¥19,505 ¥101,230

【メーカー推奨のHDD BUFFALOの場合】

品名 必要個数 単価 合計
BUFFALO(3TB HDV-SQ3.0U3) 8台 ¥17,345 ¥13,8760

次の記事ではディーガに取り付けたUSB-HDDへのダビング方法について紹介します

0086 How to move data to DIGA external HDD 10

【参考記事】[0086] ディーガ 外付けHDDへのダビング方法

関連コンテンツ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK